【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

「セブ島=綺麗なビーチ」というイメージする方は多いのではないでしょうか。

南国リゾートアイランド・セブ島のビーチは透き通り穏やかな波で海水浴に最適です。今回の記事ではセブ島とセブ島周辺にある離島のおすすめビーチを厳選し17選でご紹介いたします。

ビーチの紹介と共に見どころや移動時間も徹底解説していきます!

この記事を読んで欲しい方
  • セブ島で綺麗なビーチを探している方
  • セブ島旅行を更に充実させたい方
  • セブ島のビーチの違いを知りたい方

この記事で伝えたいこと

セブ島の綺麗なビーチはどこにあるの

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

「セブ島=綺麗なビーチ」と言うイメージだけでセブ島に観光すると驚かれるのは、実はセブ島の中心街のセブシティやマクタン島には綺麗なビーチは存在しません。

マクタン島はリゾートホテルが海沿いに乱立し、各ホテルにプライベートビーチが設置されていますが、ビーチは綺麗に管理されているものの規模はそこまで大きくありません。

セブ島の本当に綺麗でおすすめのビーチはセブ島から少し離れた郊外船で移動した離島等にあり、知識がないとセブ島のビーチまでたどり着くことが出来ません。

セブ島は常夏で年間を通してビーチを楽しむことができます。季節は雨季と乾季の2つあり、12〜5月は降水量が少なくセブ島のビーチに訪れるのに最適な時期です。

今回の記事を最後まで見れば、セブ島の綺麗なおすすめビーチまでたどり着くことが出来ます。是非、参考にしてみて下さい。

セブ島ビーチに訪れすベストシーズン

毎年12〜5月

セブ島おすすめビーチ17選

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

以下では、セブ島のおすすめビーチを厳選して17選でご紹介いたします。紹介する中にセブ島以外の離島も含まれており、セブ島北部の離島・マラパスクアバンタヤン島カモテス島のおすすめビーチもご紹介いたします。

どのビーチも日帰りでの旅行が可能となりますので、是非遊びに行ってみて下さい。

セブ島おすすめビーチ17選
  1. スミロン島
  2. バスダク ビーチ(モアルボアル)
  3. ホワイトビーチ(モアルボアル)
  4. パナグサマビーチ(モアルボアル)
  5. ヒドゥンビーチ(アロギンサン)
  6. ティンコビーチ(アルコイ)
  7. マチュティナオ ビーチ(バディアン)
  8. ランバグビーチ(バディアン)
  9. ロゴンビーチ(マラパスクア)
  10. バウンティビーチ(マラパスクア)
  11. ラングブビーチ(マラパスクア)
  12. サンタフェビーチ(バンタヤン島)
  13. パラダイスビーチ(バンタヤン島)
  14. バージンアイランド(バンタヤン島)
  15. ベイカービーチ(カモテス島)
  16. サンティアゴベイビーチ(カモテス島)
  17. トゥラン島(カモテス島)

スミロン島

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

日本人に人気のセブ島観光スポット・スミロン島(Sumilon Island)は綺麗なビーチがあることで有名な離島です。観光でスミロン島を訪れる方の大半は日本語ガイドが案内するオプショナルツアーを利用されます。

ジンベイザメの泳げるオスロブのエリアから来るまで5分程のスミロン島行きの港から船を取り10分程の移動で、スミロン島まで移動が可能です。

ゆっくりスミロン島で滞在したい方は、リゾートホテルのスミロンブルーウォーターのデイユースや宿泊を利用するとより、スミロン島を楽しむことが可能となります。

スミロンブルーウォーターではグランピングが可能で、綺麗な星空を見上げながら素敵なひと時を過ごすことが出来ます。

スミロン島の基本情報

スミロン島
名前 スミロン島
英語表記 Sumilon Island
場所 セブ島 オスロブ近辺の離島
移動時間 4時間
エントランス 50ペソ

夏休みにセブ島に旅行はお勧め出来ません【雨季・台風シーズン】

スミロン島徹底解説!オスロブと合わせて行きたいセブ島日帰り旅行!

バスダクビーチ(モアルボアル)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

バスダク ビーチ(Basdaku Beach)はセブ島南部の人口28,000人の町・モアルボアルにあるおすすめのビーチです。

バスダク ビーチではシュノーケリング、ビーチバレーボール、ダイビングなど、様々なアクティビティに参加することが可能です。

ビーチい沿いのコテージを借りて、友人や家族と一緒にピクニックをするのにもおすすめです。

バスダク ビーチ沿いは、リゾートホテルやレストラン、バーが並び一泊しても十分に楽しめる観光スポットです。西洋人のバックパッカーをメインに盛り上がりのあるエリアです。

バスダクビーチの基本情報

バスダクビーチ
名前 バスダクビーチ(モアルボアル)
英語表記 Basdaku Beach, Moalboal
場所 セブ島 モアルボアル
移動時間 3時間
エントランス 5ペソ

ホワイトビーチ(モアルボアル)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ホワイトビーチ(White Beach)はセブ島の南部・モアルボアルにあるビーチです。モアルボアルには、パナグサマビーチとホワイトビーチの2つの主要なビーチがあります。ホワイトビーチは美しい砂浜があり魅力的です。

ホワイトビーチではシュノーケリングを楽しむことが出来ます。運が良ければウミガメと遭遇するかも知れません。またダイビングショップも多く点在し、スキューバーダイビングも楽しむことが可能です。

モアルボアルのエリアはイワシ玉、色とりどりのサンゴ、多様な海洋生物を観ることが出来ます。リゾートホテルも海沿いに点在し、長期で滞在しても良さそうです。

ホワイトビーチの基本情報

ホワイトビーチ
名前 ホワイトビーチ(モアルボアル)
英語表記 White Beach, Moalboal
場所 セブ島 モアルボアル
移動時間 3時間
エントランス 5ペソ

パナグサマビーチ(モアルボアル)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

パナグサマビーチ(Panagsama Beach)はセブ島南部にあるモアルボアルのビーチで、ホワイトビーチに並んで有名なビーチです。

1984年に台風が到来して依頼、パナグサマビーチのビーチエリアは縮小し現在ではビーチがあまりない状況です。

パナグサマビーチはダイビングスポットで有名なエリアです。ビーチの周りにはダイビングショップ、トレーニングセンター、ボートショップなどが多く点在します。

パナグサマビーチの基本情報

パナグサマビーチ
名前 パナグサマビーチ(モアルボアル)
英語表記 Panagsama Beach, Moalboal
場所 セブ島 モアルボアル
移動時間 3時間
エントランス

ヒドゥンビーチ(アロギンサン)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ヒドゥンビーチ(Hidden Beach)はセブ島の南部・アロギンサンにあるビーチでローカルから人気を集めているビーチです。

穏やかな波で海水浴を楽しみたい方におすすめのビーチです。週末になると多くの観光客が訪れる人気のビーチです。

ヒドゥンビーチの基本情報

ヒドゥンビーチ
名前 ヒドゥンビーチ(アロギンサン)
英語表記 Hidden Beach, Aloguinsan
場所 セブ島 アロギンサン
移動時間 1時間30分
エントランス 50ペソ

ティンコビーチ(アルコイ)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ティンコビーチ(Tingko Beach)はセブ島南部にあるアルコイにあるおすすめのビーチです。地元の方を中心に賑わいのあるビーチで、週末になると多くの人が訪れます。

ティンコビーチ周辺には多くのリゾートホテルがあり、宿泊するのも良いでしょう。特にボダ クラスナ リゾート(Voda Krasna Resort & Restaurant)はおすすめです。

ティンコビーチの基本情報

ティンコビーチ
名前 ティンコビーチ(アルコイ)
英語表記 Tingko Beach, Alcoy
場所 セブ島 アルコイ
移動時間 3時間
エントランス 10ペソ

マチュティナオ ビーチ(バディアン)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

マチュティナオ ビーチ(Matutinao Beach)はセブ島の南部・バディアンにあるおすすめのビーチです。近隣には有名なセブ島の滝・カワサン滝があります。

マチュティナオ ビーチの近くには5つ星リゾートホテルのバディアンアイランドリゾート(Badian Island Wellness Resort)があり、宿泊におすすめです。

マチュティナオ ビーチの海水の透明度はそこまで期待できませんが、バディアンに行く機会があれば寄ってみると良いでしょう。

マチュティナオ ビーチの基本情報

マチュティナオ ビーチ
名前 マチュティナオ ビーチ(バディアン)
英語表記 Matutinao Beach, Badian
場所 セブ島 バディアン
移動時間 3時間
エントランス

ランバグビーチ(バディアン)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ランバグビーチ(Lambug Beach)はセブ島の南部・バディアンあるおすすめのビーチです。白い砂浜ビーチとターコイズブルーの海はまさに南国らしい景色です。

ランバグビーチの周辺にはリゾートホテルがあり、ホットバス(浴槽)などがあり、水遊びの後で利用すると良さそうです。

またランバグビーチはテントを張ることが許可されており、ビーチの上でキャンプするのも良さそうです。テントはレンタルも可能です。

ランバグビーチの基本情報

ランバグビーチ
名前 ランバグビーチ(バディアン)
英語表記 Lambug Beach, Badian
場所 セブ島 バディアン
移動時間 3時間
エントランス 無料

ロゴンビーチ(マラパスクア)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ロゴンビーチ(Logon Beach)はセブ島北部の離島・マラパスクア(Malapascua Island)にあるおすすめのビーチです。

ロゴンビーチはダイビングの名所でもあり、モアルボアルに負けない人気のあるエリアで世界中からダイバーが集まります。オナガザメとマンタなどが見ることが出来ます。

ロゴンビーチの周辺には高級レストランやリゾートホテルも立ち並んでいます。セブ島からマラパスクアに行く際は一拍以上がおすすめです。

ロゴンビーチの基本情報

ロゴンビーチ
名前 ロゴンビーチ(マラパスクア)
英語表記 Logon Beach, Malapascua Island
場所 マラパスクア島
移動時間 3時間
エントランス 無料

バウンティビーチ(マラパスクア)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

バウンティビーチ(Bounty Beach)はセブ島北部の離島・マラパスクア(Malapascua Island)にあるおすすめのビーチです。

バウンティビーチは、白色の砂浜と透明度の高い海水が広がり非常に綺麗です。またビーチ沿いの木々にはハンモックが掛かっており、海沿いでゆっくり時間を過ごすことが出来ます。

ビーチ沿いには多数のリゾートホテルやレストラン、バーが点在しています。夕日を眺めるのにも最適なビーチです。

バウンティビーチの基本情報

バウンティビーチ
名前 バウンティビーチ(マラパスクア)
英語表記 Bounty Beach, Malapascua Island
場所 マラパスクア島
移動時間 3時間
エントランス 無料

ラングブビーチ(マラパスクア)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ラングブビーチ(Langub Beach)はセブ島北部にある離島・マラパスクア(Malapascua Island)にあるおすすめのビーチです。,

ラングブビーチの海は透明度が高く、綺麗な状態の珊瑚や数百種の海洋生物を見て回ることの出来る人気のダイビングスポットでもあります。

ビーチ周辺は多くのバー、リゾートホテル、レストラン、ダイビングショップ、お土産物屋などが立ち並んでおり、観光に適しています。

ラングブビーチの基本情報

ラングブビーチ
名前 ラングブビーチ(マラパスクア)
英語表記 Langub Beach, Malapascua Island
場所 マラパスクア島
移動時間 3時間
エントランス 無料

サンタフェビーチ(バンタヤン島)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

サンタフェビーチ(Santa Fe Beaches)セブ島北部の離島・ バンタヤン島(Bantayan Island)にあるおすすめのビーチです。

バンタヤンにはいくつかビーチがありますが、特に3月から4月は海瑞の透明度も波も落ち着き最も最適な時期とされています。

サンタフェビーチは海水浴に適しています。特にイースターの時期は毎年、何千人もの地元の観光客が集まり、客室料金が3倍程に価格高騰します。

ビーチ周辺にはリゾートホテルが数多くあり、コタビーチリゾート、アニカアイランドリゾート、ブディヨン、サンタフェビーチクラブなどがおすすめです。

サンタフェビーチの基本情報

サンタフェビーチ
名前 サンタフェビーチ(バンタヤン島)
英語表記 Santa Fe Beaches (Bantayan Island)
場所 バンタヤン島
移動時間 4時間30分
エントランス 50ペソ

パラダイスビーチ(バンタヤン島)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

パラダイスビーチ(Paradise Beach)はセブ島北部の離島・バンタヤン島(Bantayan Island)にあるおすすめのビーチです。

バンタヤン島のサンタフェの町から少し離れた静かなエリアにパラダイスビーチはあります。海水は非常に綺麗で、白い砂浜はまさに南国のリゾートらしさを感じることが出来ます。

パラダイスビーチの基本情報

パラダイスビーチ
名前 パラダイスビーチ(バンタヤン島)
英語表記 Paradise Beach, Bantayan Island
場所 バンタヤン島
移動時間 4時間30分
エントランス 50ペソ

バージンアイランド(バンタヤン島)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

バージンアイランド(Virgin Island)はセブ島の北部にある離島でバンタヤン島(Bantayan Island)でおすすめのビーチです。

バージンアイランドはバンタヤン島からボートで約30分の場所にある離島です。ボホール島にもバージンアイランドがありますが、雰囲気はバンタヤン島の方がより良いです。

バージンアイランドはまるで天国のように綺麗で、通常は混雑しておらず静かで平和な空間です。 島にはコテージがあり、ゆっくり時間を過ごすことが可能です。

 バージンアイランドの基本情報

バージンアイランド
名前 バージンアイランド(バンタヤン島)
英語表記 Virgin Island, Bantayan Island
場所 バンタヤン島
移動時間 4時間30分
エントランス 10ペソ

ベイカービーチ(カモテス島)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

ベイカービーチ(Bakhaw Beach)はセブ島の南部にある離島・Camotes Island(カモテス島)のおすすめビーチです。

ベイカービーチは、綺麗な白い砂浜とターコイズブルーの海が非常に綺麗です。 ベイカービーチは全体的に観光客が少なく混雑が少ないので、ゆっくり時間が過ごせます。

ビーチにはコテージを借りることが可能で、友人や家族と一緒に時間を過ごすのに最適です。また周辺には小さなリゾートがいくつかあります。

ベイカービーチの基本情報

ベイカービーチ
名前 ベイカービーチ(カモテス島)
英語表記 Bakhaw Beach, Camotes Island
場所 カモテス島
移動時間 5時間
エントランス 10ペソ

サンティアゴベイビーチ(カモテス島)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

サンティアゴビーチ(Santiago Bay Beach)はセブ島の北部にある離島・カモテス島(Camotes Islands)にあるおすすめのビーチです。

サンティアゴビーチは、カモテス島で最も有名なビーチの1つです。 白い砂浜と透き通った海水が綺麗で、シュノーケリング、キャンプなどが楽しめます。夕日がきれいに見えるビーチでもあります。

カモテス島のサンティアゴビーチにアクセスする際は1泊以上がおすすめです。ちなみにビーチから近隣にありサンティアゴベイアンドガーデンリゾート(Santiago Bay Garden and Resort)がおすすめです。

サンティアゴベイビーチの基本情報

サンティアゴベイビーチ
名前 サンティアゴベイビーチ(カモテス島)
英語表記 Santiago Bay Beach, Camotes Islands
場所 カモテス島
移動時間 5時間
エントランス 無料

トゥラン島(カモテス島)

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

トゥラン島(Tulang Diot)はセブ島北部にある離島・カモテス島(Camotes Island)のおすすめのビーチです。

トゥラン島のビーチは白砂で透明度の高い海水があり綺麗です。カモテス島に訪れす際はトゥラン島に訪れてみて下さい。

トゥラン島の基本情報

トゥラン島
名前 トゥラン島(カモテス島)
英語表記 Tulang Diot, Camotes Island
場所 カモテス島
移動時間 5時間
エントランス 10ペソ

セブ島ビーチでの注意事項4つ

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

セブ島のビーチで遊ぶ際に注意して欲しい事項が4つあります。セブ島で楽しい思い出を残してほしいので、以下の注意事項を守り素敵な時間を過ごしましょう。

セブ島ビーチでの注意事項4つ

  1. 日焼け対策
  2. タオルの持参
  3. 貴重品に気を付けて
  4. マリンシューズがある良い

日焼け対策

セブ島の日差しは非常に強く、時期によればセブ島の紫外線は日本の2倍以上も強いデータがあります。ビーチで遊ぶ際は、サングラスや帽子または日焼け止めクリームを塗って日焼け対策をしましょう。

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

タオルの持参

セブ島のビーチでタオルの販売をしている場所は少なく、基本的にタオルは持参することが前提となります。ちなみにマクタン島のリゾートホテル内のプライベートビーチのみタオルの貸し出しがあります。

貴重品に気を付けて

セブ島のビーチにはロッカーなど荷物を一時的に預けるシステムがありません。セブ島のローカルは一般的に、ビーチでコテージを借りて、誰かがコテージで荷物を管理するのが定番です。貴重品は最低限にして、管理するよう心掛けましょう。

マリンシューズがある良い

セブ島のビーチで遊ぶ際は基本的にビーチサンダルがあれば問題ありません。しかし海で遠くまで泳ぎたい方にはマリンシューズの持参がおすすめです。

海にはゴツゴツした岩や珊瑚があり、足を切るアクシデントが発生しています。安全に楽しむためにも、マリンシューズの持参はおすすめです。

セブ島おすすめビーチ17選まとめ

【セブ島おすすめビーチ17選】見どころや移動時間も徹底解説!

今回紹介したセブ島のおすすめビーチ17選以外にも、まだまだ綺麗なビーチは数多く存在します。南国のリゾートアイランドらしい時間の過ごし方が出来るセブ島のビーチはおすすめです。

セブ島のビーチへのアクセスは個人で行くことも可能ですが、日本語ガイドが案内するオプショナルツアーでもアクセスが可能です。以下のボタンより、セブ島ツアーをチェックしてみましょう!

フィリピンのおすすめサーフィンスポット12選【初心者から上級者】

フィリピンのおすすめサーフィンスポット12選【初心者から上級者】

記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!