セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

常夏のセブ島に行く際に心配なのは日焼け。

どのようにして日焼け対策をして日焼け後のお手入れをして、最小限に日焼けを済ませたい女性の方は多いのではないでしょうか。

今回はこれからセブ島旅行を計画していて、セブ島の日焼け対策の日焼け止めや、日焼け後のお手入れの方法をご紹介します。

紫外線を防いで肌のシミやくすみを少なくしましょう。

セブ島の天候や日焼け事情を知ろう

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

常夏のアイランドリゾート・セブ島は一言で「日焼けをします」。日本よりフィリピン・セブ島は紫外線が2倍以上に強く、短時間で無意識のうちに肌が赤くなるほど日焼けするケースがあります。セブ島渡航の際は日焼け止め対策で、日焼け止めクリームや日焼け後のお手入れは必須です。

セブ島の天気・気候

セブ島の年間の天気・気候は安定しており、その中で2つの季節「乾季」と「雨季」があります。雨季のシーズンの6月〜11月間は降水量は多いものの、日本と異なり常に雨が降り続けるわけでは短期間に激しく降る夕立やスコールがメインです。雨宿りをしていれば問題なく過ごせます。また乾季の12月〜5月は晴れが続き、非常に過ごしやすい日々が続きます。

フィリピン・セブ島には乾季と雨季がありますが、乾季の中でも風も穏やかで晴れた日の多い2月から4月がベストシーズンと言われています。この期間中は特に強い風も吹かず波のコンディションも良いので、セブ島でのアクティビティやツアー参加にオススメの時期と言えそうです。

セブ島の気温

セブ島の気温は、常に27℃から32℃の間を行ったり来たりで、服装は年中、Tシャツと短パンで十分と言えるまさに常夏のリゾート地です。日本の夏よりも過ごしやすい要因の一つは湿気が少なく乾燥したカラッとした空気のお陰だと思われます。風が通る場所で夜を過ごすと少し肌寒いくらいの気温の時期もあります。セブ島のショッピングモール等の建物内の空調が効き過ぎて寒い場合がありますので、外出時は羽織る物等を持ち歩くと良さそうです。

セブ島の紫外線

肌老化を進ませる要因の約8割が紫外線。フィリピン・セブ島は日本と比べると紫外線が強いです。紫外線指数によるとセブ島は日本の2倍位以上に紫外線が強いという結果があります。特に女性の方は外出の際に日焼け止めクリームの使用をお勧めします。また日差しを浴びた後は肌が乾燥するのでボディークリーム等を塗って日焼け後のお手入れをしましょう。セブ島では午前10時~午後15時の間に紫外線が強く降り注ぐため、この時間帯は特に注意しましょう。

紫外線ダメージを放っておくとシミやくすみのもととなるメラニンを生成します。日焼け後の肌は、通常よりも熱をもっており、シミやくすみを作る原因となります。日焼け止めや、日焼け後のケアを必ずしましょう。

【セブ島市内観光】定番から最新スポット20スポット観光地紹介

セブ島旅行のべストシーズンを知ろう!乾季と雨季・季節はいつ?

セブ島の日焼け止め対策

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

セブ島と言えば、白い砂浜に青い海。アイランドホッピングや、ジンベイザメツアーに参加して旅行を充実させていものです。しかしながら、セブ島ではどのように日焼け止め対策が出来るのか、具体例で2つ「ラッシュガード・長袖」と「日焼け止めクリーム」の紹介をします。

ラッシュガード・長袖

セブ島の一部の海では、海水・珊瑚等の環境保護のために、日焼け止めクリームが禁止されているエリアがあります。その際に便利な日焼け止めアイテムがラッシュガードや長袖です。ラッシュガードは、マリアンアクティビティ用のウエアとして、肌を保護したり、体温の低下を防いだりする目的で着用される服です。またラッシュガードが持参できない場合は長袖を着用して肌が直接、日焼けしないよう対策しましょう。

日焼け止めクリーム

セブ島のアクティビティやツアーに欠かせないのが、日焼け止めクリームです。では日焼け止めクリームはどの商品を選ぶポイントをご紹介します。日焼け止めは、使うシーンに合わせて適切なSPF・PA値を選ぶことが大切です。SPFとは、紫外線B波の防止効果を示す数値のことを示します。数値が高くなるほど、赤くなる日焼けを起こすまでの時間が長いことを示します。PAは、肌を黒くしたりツヤとハリ不足の原因になるとも言われる紫外線A波を防ぐための指標。+の数が多いほど、その効果が期待できます。

セブ島の街を出歩くのみであれば「SPF20/PA++」程度で問題なさそうです。アイランドホッピングなどのアクティビティで長時間日光を浴びるような場合には、「SPF30~50/PA+++」~「PA++++」などの高めのものを選ぶと良さそうです。

SPFやPA値は高い程良いという訳ではなく、紫外線の防止効果が高くなればなる程、肌への負担が増えます。以下を参考に、どんなシーンで使用するのかイメージして適切なものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めを選ぶ基準
  • SPF30~50+・PA++++:セブ島のアイランドジョッピングやマリンアクティビティ
  • SPF20〜30・PA++:ボホール島ツアーやセブ島市内観光ツアー
  • SPF10~20・PA+~++:セブ島のショッピング時や通常の外出時

セブ島の日焼け後のお手入れ方法

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

セブ島のアイランドホッピングやマリンアクティビティ後に気になる日焼け後のお手入れ。肌の老化の原因の約65%は、紫外線が原因と言われるほど、紫外線はお肌にとって多大な悪影響を与えています。日焼け後の対処方法・便利グッズをご紹介します。日焼けで肌がヒリヒリした痛みがある方は必見です!日焼け後のアフターケアは、72時間がカギと言われており、放っておくと、肌にシミやソバカス等が発生するので注意が必要です。

ボディークリーム

セブ島で日焼けした後は日焼け後のお手入れが必須。定番のボディークリームは市販でも購入可能なお手軽な日焼け後のお手入れです。日焼け後のお手入れで、大切なのは肌を乾燥から守ることです。ボディークリームは、日焼け後の肌を乾燥から守ってくれます。お風呂上がり夜寝る前にも使いましょう。顔が日焼けしている場合は、メイクはせず、化粧水、乳液のみにしておきましょう。

アロエ配合の化粧水ジェル

セブ島で日焼け後のお手入れで、もう一つお勧めは日焼け後のヒリヒリした痛みを鎮める、アロエ配合の化粧水ジェルです。たっぷり水分を含んだジェルが、火照った肌をクールダウンし、うるおいも与えます。アロエの成分は、ほてりを沈める消炎効果、肌の保湿を保つ保湿効果に優れています。アロエ配合の化粧水ジェルはさっぱりとした付け心地なのも人気の理由の1つです。

セブ島で日焼けするけどアクティビティは欠かせない

セブ島に来たなら白い砂浜にどこまでも続く青い海。ツアーやマリンアクティビティは欠かせません。日焼け対策をバッチリして、ツアーに参加してみましょう。以下、人気ツアーを3つご紹介します。各リンクよりさらなるツアー詳細が確認出来ます。

オスロブ・ジンベイザメシュノーケリング

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

オスロブ・ジンベイザメ」は早朝から始まり午前中にアクティビティは締め切られます。ツアーでは朝3〜4時頃に出発し、ジンベイザメシュノーケリング後にモアルボアルに案内します。日本語ガイドにGoProレンタル無料&レンタルバスタオル付きのツアー予約は以下から。

モアルボアル・ウミガメシュノーケリング

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

ウミガメやイワシ玉とシュノーケリング出来る「モアルボアル」は人気の観光地です。モアルボアルにはバックパッカーも集まる観光エリアでおしゃれなバーやレストランが道沿いに並んで雰囲気も非常に良いエリアです。

アイランドホッピング

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法解説!【日焼け対策】

セブ島定番ツアーといえば、マクタン島から出発する「アイランドホッピング」。「天国に一番近い島・パンダノン島」や「島より長い桟橋・ナルスアン島」を含む3島をご案内するツアー。防水カメラ・GoProの無料貸出で、素敵な思い出が残せて満足度高いツアーです!

セブ島日焼け止め・日焼け後のお手入れ方法 まとめ

普段、日に焼けない人や肌が弱い人はセブ島の紫外線で日焼けや肌が赤くなることはよくある話です。セブ島観光前には必ず日焼け止め対策を忘れずに!また日焼けは一晩置くと痛みが激しくなったり、シミやそばかすの原因となりますので、セブ島の紫外線を浴びたら、必ずアフターケアをしましょう!

セブ島観光の際には日本語ガイドが案内する「セブ島ツアー」の予約をお忘れなく♪



記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!