セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

セブ島観光で常に人気のジンベイザメシュノーケリングをご紹介致します。

セブ市内から高速バスで3時間、南東130kmに位置する小さな港町「オスロブ」は野生のジンベイザメと泳げます。

近年、来場者数を急激に伸ばした世界でも珍しいシュノーケリングでジンベイザメと写真撮影が出来る観光地です。

これからオスロブ・ジンベイザメ旅行を計画させている方必見の記事です。

セブ島・オスロブはどんな場所?

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

セブ島南部に位置するオスロブ(Oslob)は世界でも珍しいジンベイザメに餌付けを成功した土地で有名です。リゾートホテルが並ぶマクタン島やセブ市内からは車で片道3〜4時間の移動で距離にすると片道120〜130キロの移動となります。オスロブ・ジンベイザメは全て野生で、餌付けのみで誘き寄せおり、網で囲って飼っているわけではありません。運が良い日には10頭前後のジンベイザメが一度に見れるタイミングもあります。

毎日午前中はオスロブの海岸沿いにジンベイザメが複数現れ、餌付けと共にゲストはシュノーケリングが出来ます。世界で野生のジンベイザメと泳げる場所は日本の沖縄、メキシコのカンクン、フィリピンのセブ島・オスロブとボホール島等、かなり数の限られた場所での貴重な経験ができます。またオスロブ・ジンベイザメとの遭遇率は非常に高く99%以上とも言われています。

オスロブは元々、漁業の地で沢山の漁師が住んでいました。今、ジンベイザメが泳げるエリアは漁業エリアでフィッシュマーケットがあった場所だそうです。2011年頃からジンベイザメでの観光が栄えるとともにオスロブでの漁業は衰え、漁師はボートマンへと転職し、現在ではジンベイザメの案内をするボートマンとして活躍されている方も少なくないのだとか。

豆知識ですが、日本の水族館の6箇所にてジンベイザメを見ることも可能です。(※2020年4月現在)

ジンベイザメが見れる日本の水族館一覧
  • 美ら海水族館(沖縄)
  • 海遊館(関西)
  • のとじま水族館(北陸)
  • いおワールドかごしま水族館(九州)
  • 茨城・アクアワールド(関東)
  • 横浜・八景島シーパラダイス(関東)

オスロブ・ジンベイザメは99%の確率で見れるの?

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

オスロブ・ジンベイザメとの遭遇率は非常に高く99%以上とも言われています。波が高いもしくはジンベイザメが沖までこない事を理由に見れないことが、年間に数回のみあります。オスロブ・ジンベイザメシュノーケリングエリアは砂浜から20メートル程の地点で、手漕ぎの小型ボートで行くことが可能です。乗船する小型ボートから間近にジンベイザメがいるので海水に顔をつけるだけで見ることが可能です。またレンタルライフジャケットがあるので、泳げなくても参加可能です。

セブ島・オスロブに自力で行く方法

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

セブ市内にあるサウスバスターミナルより、ジンベイザメシュノーケリングの出来るオスロブにアクセス可能です。お勧めは直行便のオスロブ(OSLOB)行きは乗り換えがなくスムーズにたどり着けます。この便であればサウスバスターミナルより乗り換え無しでオスロブまでたどり着くことが可能です。

乗車するパブリックバスには大きく2種類「エアコン」もしくは「ノンエアコン」です。バス移動の場合、片道4時間以上掛かる場合があるので、エアコンバスをお勧め致します。ノンエアコンバスの場合、排気ガスが車内まで入ってくるので、マスクやハンカチなどで口元を隠すことをお勧め致します。またエアコンバスは空調が効き過ぎている場合がありますので、羽織る布やジャケットを持参することをお勧め致します。

パブリックバスの値段は片道155ペソ〜程でバスに乗り込んでから車内の徴収係に支払ください。日本のバスとは大きく異なり、バス停があるわけではないので、可能であれば徴収係もしくはドライバーにオスロブ・ジンベイザメウォッチングエリアで降りることを事前に伝えておきましょう。

自力で行く場合もオスロブ・ジンベイザメの営業時間は午前中のみ行われています。時間が遅くなるに連れ頭数も減ってしまうので、可能な限り早朝の早い時間にセブ市内を出発することをお勧め致します。目安では早朝3~4時にセブ市内を発つのが理想的です。

サウスバスターミナル

セブ島・オスロブにツアー利用で行く方法

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

旅慣れていない方や英語が苦手な方はツアーを利用してオスロブ・ジンベイザメツアーを利用してアクセスをお勧め致します。自力でオスロブ・ジンベイザメにアクセスするよりツアーをお勧めする理由は以下の5つです。

ツアー利用する特典5つ
  1. ジンベイザメと泳いでる間に荷物管理をしてくれる。
  2. 不定期に走るバスの乗らずに快適な送迎車で往復移動できる。
  3. 無料レンタルGoProやバスタオルで快適な旅のサポートが有る。
  4. ガイドが記念撮影まで行い、旅の素敵な思い出まで作ってくれる。
  5. 限られたセブ島旅行の中、ツアーを利用し圧倒的に時間短縮できる

ツアーの詳細や予約は以下のリンクより確認できます。より素敵なセブ島旅行にするためにツアーのご利用をお勧め致します。

セブ島・オスロブの開催日と営業時間

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

オスロブ・ジンベイザメの営業時間はを午前6時から昼前のみです。セブ市内を出発するの時間は午前3〜4時を目安に移動されることをお勧め致します。ジンベイザメは朝食を食べにオスロブの餌付けに来ています。ジンベイザメはお腹が一杯になり次第、姿を消します。目安で午前10〜11時頃にオスロブ・ジンベイザメは締まりますので注意が必要です。実際に、ジンベイザメと泳ぐ時間は目安で30分前後となります。

開催日は基本的に土日祝日に関係なく定休日無しで開催されています。特にGW(ゴールデンウィーク)、シルバーウィーク、年末年始(お正月)、チャイニーズニューイヤー(旧正月)等の祝日や3日以上の連休の場合は通常以上に混み合います。

セブ島・オスロブの施設紹介

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

セブ島・オスロブでは小さな港町です。オスロブの中心街から、ジンベイザメシュノーケリングエリアは離れており、徒歩での移動は難しく、車・バスでの移動が必要となります。ジンベイザメシュノーケリングエリアは基本的に徒歩で歩ける範囲内で見て回れます。以下、施設の紹介となります。

セブ島・オスロブの施設紹介
  • 飲食店
  • お土産屋
  • シャワー&更衣室
  • 宿泊施設

防水カメラでジンベイザメと撮影するには?

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

ジンベイザメと泳ぐなら大切な記念を残すためにも防水カメラで写真や映像を残したいものです。オスロブのビーチ沿いでは相場で500ペソ〜程で防水カメラのレンタルがございます。数に限りがあるので早いもの勝ちとなります。またセブ島オプショナルツアー会社・セブセレクトツアーズでは無料でGoProレンタルの案内をしていますので、是非ツアーのご利用してみて下さい。ツアー終了後に、GoProのデータをお客様の携帯へ転送させて頂きます。

セブ島オプショナルツアー会社・セブセレクトツアーズ

ジンベイザメシュノーケリングの注意点

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

ジンベイザメと泳ぐ前にゲストは必ずオリエンテーションを受け事前に注意事項を伝えられます。注意事項に従わないゲストはジンベイザメと泳げない、もしくは罰金対象になることもありますので、必ず以下の注意点を守るようにお願い致します。

日焼け止め禁止

オスロブで一時期、ジンベイザメが見れなくなった期間が過去になります。その際の原因と言われているのが、日焼け止めによる海水の汚染と言われています。日焼けが気になるゲストはラッシュガード等を持参して着用する等しましょう!

ジンベイザメと一定の距離を取り触らない

ジンベイザメは温厚な性格でプランクトンを主に食べる生き物ですので、人間が食べられる心配はございません。しかしながらジンベイザメは最大で10メートル以上のあり、その尾びれで叩かれると怪我をする場合があります。ジンベイザメと泳ぐ際は5メートル以上ジンベイザメから離れるようにしてください。またジンベイザメに触ることは許されていません。

フラッシュ撮影は禁止

ジンベイザメは、繊細で温厚な性格をしています。ジンベイザメに触れないようにするのと同様に、カメラフラッシュ等はジンベイザメを刺激して驚いて興奮してしまうよう可能性が十分にあります。ボートに乗り込む前に持参するカメラは必ずフラッシュの設定をOFF にし、安全に楽しみましょう。

セブ島・オスロブ周辺の観光地

カワサン滝

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

セブ島西側に位置するカワサン滝はオスロブより車で片道2時間の距離にあります。オスロブ・ジンベイザメ後にカワサン滝で水遊びが可能です。海も滝も一度に楽しみたいアクティブな方には以下のツアーがお勧めです。

【大人気】ジンベイザメ&カワサン滝ツアー予約ページ

スミロン島

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

サンドバーが綺麗で有名な離島・スミロン島はオスロブ滝を同日に楽しむことが可能です。スミロン島はジンベイザメと泳げるオスロブからボートでアクセスが可能です。ジンベイザメ&スミロン島&カワサン滝で1日遊ぶことも可能です。以下のリンクよりさらなる詳細確認出来ます。

【人気急上昇】ジンベイザメ&スミロン島ツアー予約ページ

【大人気】ジンベイザメ&スミロン島&カワサン滝ツアー予約ページ

モアルボアル・ウミガメシュノーケリング

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

オスロブでジンベイザメと泳いだ後に、ウミガメやイワシ玉とシュノーケリング出来るモアルボアルも同日で観光可能です。モアルボアルにはバックパッカーも集まる観光エリアでおしゃれなバーやレストランが道沿いに並んで雰囲気も非常に良いエリアです。

【人気爆発】ジンベイザメ&モアルボアルツアー予約ページ

オスロブ・ジンベイザメに参加した方の口コミ・評価

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

英語が得意でない2人だったので日本語の話せる方でとても安心しました。現地の方とのやり取りの間にも入っていただき本当にありがとうございました‍♀️1日でセブ島が満喫できるプランでした!行きたい所全て行けました朝早くから1日お世話になりました!!

ジンベイザメ&スミロン島&カワサン滝 2名

ツアー、とても楽しかったです。チキさんもこちらの疑問に答えてくださったりいろいろ教えてくれたり、要所要所で気を使っていただいて、素晴らしい方でした。またセブ島にくることがあればセレクトツアーさんを利用したいと思います!チキさんに頂いたジンベエザメのキーホルダーですが皆とても気に入って、それぞれのバックにつけて可愛がっています。素敵な思い出とお土産を、ありがとうございました!

ジンベイザメ&カワサン滝キャニオニング 2名

先日は素敵なツアーをありがとうございました!ガイドさんが色んな写真スポットやポーズを提案してくださり、たくさん写真を撮ってくれました‼︎またGoProの写真のダウンロードではうまくできず心配でしたが、その日のうちにGoProの全データを送ってくださりとても感謝しています。せっかく撮った写真を水の泡になることなく安心することができました。またセブ島へ行く際はセブレクトツアーさんにお願いしたいと思います。‼︎楽しい思い出と記録に残る写真、有り難うございました‼︎

ジンベイザメ&スミロン島 2名

昨日は素敵なツアーをありがとうございました。ガイドのミックミックさんには、波酔いになった私に酔い止めを下さったり、泳ぎが苦手な祖母への気遣いや子供たちにいつも優しく接してくださり、本当に素晴らしいガイドさんにでした。ジンベイザメやイワシのトルネード、ウミガメがすぐ近くで見られたことも家族全員にとって、素晴らしい思い出になりました。本当にありがとうございました。

ジンベイザメ&モアルボアル 5名

 無事帰国しました。ガイドのジェラさんにはとても親切にして頂き、沢山写真も撮って頂きました!ポージングが苦手な私たちでしたが、ポージングのご指導まで頂き(笑)、とってもステキな写真が沢山撮れました。 ジンベエザメと近くで写真が撮れたこと、綺麗なスミロン島でのシュノーケリングは一生の思い出です。帰りは渋滞につかまり、長距離の運転となりましたが安全運転ありがとうございました。次回、セブ島に行く際もセレクトツアーさんにガイドお願いしようと思います!ありがとうございました!!

ジンベイザメ&スミロン島 2名

オスロブ・ジンベイザメツアーの申し込み方

セブ島・オスロブで憧れのジンベイザメと泳ぐ方法【完全ガイド】

これからセブ島・オスロブジンベイザメにいらっしゃる方は是非、セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズのご利用をお勧め致します。素敵なセブ島旅行のサポートをさせて頂きます。ツアーの詳細や予約は以下のリンクより確認出来ます。皆様のご連絡をお待ちしております。



記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!