セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅費の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

発展途上国と言われる南国リゾートのフィリピン・セブ島では旅費はいくらで旅行できるのでしょうか。日本から格安航空で気軽にアクセスできるようになったセブ島は今、日本人に人気の観光スポットです。今回は、これからセブ島旅行を計画している方に、セブ島旅行の相場の費用と、年間を通して格安で旅行できる時期を徹底解説していきます。

フィリピン・セブ島はどこにあるの?

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島がある国はフィリピンです。フィリピンは7107の島々からインドネシアに次いで世界第2位の群島国家です。近場アジアのアイランドリゾートとして、日本人の休暇先に選ばれる事も多いセブ島です。他リゾート地であるグアム・ハワイ・バリ島などのと比べて、価格も比較的リーズナブルで気軽に行けることも要因で近年、人気が高く毎年、日本からセブ島への旅行者は増え続けています。

セブ島へのアクセスは東京・成田国際空港や大阪・関空国際空港から直行便があります。経由でセブ島に行く際はマニラ・ニノイ・アキノ国際空港や韓国・仁川国際空港を経由してセブ島に行く便が多い傾向にあります。東京・成田国際空港からマクタン・セブ国際空港へ直行便の場合、飛行時間は約4時間です。また東京からセブ島までの距離は約3,247kmです。

セブ島の面積は4,468km²で日本の県と比べると山梨県とほぼ同じ大きさにあたります。セブ島の人口は87万人です。フィリピンの平均年齢は非常に若く平均24歳です。ちなみに日本は平均年齢46歳で、いかにフィリピンが子供が多い現状か伺えます。

フィリピン第1の都市はマニラで、エリアによれば高層ビルが立ち並び日本と変わらない風景を見ることが出来ます。フィリピン第2の都市がリゾートアイランド・セブ島で年間に44万人以上の日本からの観光客や留学生がアクセスする場所となりました。

セブ島 基本情報

セブ島 基本情報
  • 英語表記:Cebu Island
  • 面積:4,468km²
  • 人口:約87万人程度
  • 公用語 :セブアノ語 、タガログ語、英語
  • 平均年齢:24才

セブ島の旅費の相場はいくら?

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

フィリピン・セブ島を旅行する上で、目安となる旅費の相場がわかれば安心ですね。フィリピン・セブ島旅行の予算の目安は3泊4日で約10万円〜です。発展途上国のフィリピンだからこそ出来る価格で、平均的な相場は他の南国リゾートアイランド・バリやグアムより格安で旅行が可能です。

日本からセブ島への航空券の費用は格安航空のLCCを利用すれば往復チケットで格安時期で3〜4万円で手配可能です。さらにプロモなどの時期でセブ島への航空券を手配すると往復で2万円以下で購入できる格安時期も年に数回あります。

セブ島旅費の相場は目安であり。物価の安いセブ島ですが、高級ホテルやを利用すると値段は跳ね上がります。高級ホテル代のみで1泊2万円から。また日本の連休時期やセブ島の観光シーズンですと航空券の値段が跳ね上がり、セブ島から日本の往復チケットで10万円以上することがあります。

セブ島のベストシーズンと言われる2月~4月に旅行する場合、旅費は目安より高くなると考えられます。日本の年末年始やGWを含む大型連休、またセブ島で盛大なお祭り「シヌログ祭り」が開かれる1月は、旅行者が増えるために価格の高騰する場合がありますので注意が必要です。

セブ島の旅費を安価に済ませた場合(3泊4日)
  • 往復航空券:4万円
  • ホテル(3泊):1万2千円
  • 交通費:8千円
  • 食費:2万円
  • ツアー参加費:2万円
  • セブ島旅費合計:10万円

交通機関の費用【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

フィリピン・セブ島の交通機関のうち観光で最も利用の多いのはタクシーでしょう。タクシーの初乗りは40ペソ(約80円)。初乗り以後は以降250mごとに3.5ペソ課金されます。交通費の目安で言うと空港からセブ市内、マクタン島のホテルに片道の移動で300ペソ(約600円)。マクタン島からセブ市内のショッピングモールに移動で片道の移動で400ペソ(約800円)です。

日本のタクシーと比べると圧倒的に交通費が安いです。以下の記事より、フィリピン・セブ島をレンタカーで観光する方法のまとめの詳細が確認できます。

交通機関の費用
  • タクシー(空港からホテル):300ペソ(約600円)
  • タクシー(マクタン島からセブ市内):400ペソ(約800円)

セブ島をレンタカーで観光する方法まとめ【徹底リサーチ!】

ホテルの費用【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島の宿泊するのホテルの費用の相場はどうでしょうか。セブ島の宿泊ホテルは正直、ピンきりです。安く済ませたい場合は、セブ島内のユースホステルやゲストハウスがお勧めですが、どちらかと言うと学生や旅人向けの傾向にあります。日本と比べてセブ島のホテルは価格やお手頃で、安いホテルでも1泊3千円から泊まれるホテルもあります。

日本人観光客から人気のマクタン島の海沿いに面するリゾートホテルは値段も高く1泊が安くて2万円代から高い部屋で7〜8万円程です。しかしながら、海が見えるリゾートホテルが2万円代から宿泊可能とあれば、日本と比べ圧倒的に安い費用で泊まれます。また宿泊ホテルにより、セブ島のマクタン国際空港から宿泊先ホテルまでの送迎がついているものもありますので事前にチェックしてみてください。セブ島・マクタン島の人気ホテルや料金相場は以下を参考にしてみて下さい。

セブシティのホテル費用
  • Waterfront Hotel & Casino Cebu City 3,709〜29,014ペソ
  • Radisson Blu Cebu 4,624〜9,909ペソ
  • Quest Hotel and Conference Center 2,591〜4,167ペソ
  • Toyoko Inn Cebu 1,677〜2,591ペソ
マクタン島のホテル費用
  • Shangri-La’s Mactan Resort and Spa 11,789〜19,512ペソ
  • Mövenpick Hotel Mactan Island Cebu 6,504〜11,535ペソ
  • Crimson Resort and Spa Mactan 7,622〜15,752ペソ
  • Pacific Cebu Resort International 3,862〜9,604ペソ

レストランの費用【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島旅行の費用を大きく左右するのがレストランやカフェでの食費です。観光客向きのレストランは日本とそこまで値段の差はありませんが、利用するレストランを上手に活用すれば、格安で食事を楽しむことも可能です。また簡単な軽食であれば、近辺のコンビニやスーパーなどで食料の調達も可能なので、上手に利用しましょう。

セブ島の食費もピンきりです。セブ島の庶民的なローカル向きのレストランであれば低価格でフィリピン料理を楽しむことが出来ます。値段も100ペソ(約200円)あれば十分でしょう。そこそこ綺麗で、日本人経営や韓国経営のレストランでのランチやディナーの目安は1,500ペソ(約3,000円)あれば十分に楽しむことが出来ます。韓国レストランであればサムギョプサルの食べ放題なども予算内で利用することが出来ます。

マクドナルドや、ケンタッキーフライドチキン、スターバックスなど日本にもある世界的ファストフード店もセブ島にあります。メニューの内容も異なりますが、価格は日本の2割くらい安い傾向にあります。フィリピン・セブ島はまだまだ人件費が安いバックグラウンドがあり、その分値段が格安なのかもしれません。

レストランの費用
  • ローカル向きの庶民的な食堂:100ペソ(約200円)
  • 一般的なレストラン:1,500ペソ(約3,000円)
  • 高級レストラン:3,000ペソ(約6,000円)

ツアー費用【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島で欠かせないのが海辺でのマリンアクティビティやツアー利用。旅行費用を抑えて自分で旅行計画する方もいらっしゃいますが、個人手配が面倒な場合や、初めてのセブ島旅行で不安な際は、迷わずツアー利用をお勧めします。

ツアーは大きく分けて2つあります。ホテル・航空券・ツアーが込まれた「パッケージツアー」、そしてツアーのみの利用の「オプショナルツアー」です。特にこだわりなく手早く予約したい際はパッケージツアーの利用が良さそうです。個人で航空券とホテル予約が可能な方は、セブ島オプショナルツアー会社から希望のツアーを予約すると良さそうです。以下、セブ島で人気のツアーの予算をまとめてみました。リンクから各ツアーの詳細と予約ページが確認可能です。

ツアー費用

セブ島旅行の格安時期はいつ?旅費を安くする方法

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島旅行はいつが格安時期なのでしょうか。また旅費を安くするコツをご紹介します。格安時期はオフシーズン、つまり繁忙期をずらした日程が格安でセブ島旅行が可能となります。セブ島のベストシーズンが、2月~4月と言われています。この時期を外して観光すると通常より格安でセブ島を旅行可能となります。

オフシーズンとなれば、観光客が少なくホテルや航空券が格安で手配できます。航空券は搭乗日の3ヶ月前が格安で購入できる可能性があるので確認してみましょう。また日本の連休、年末年始やGWは価格が跳ね上がるので注意が必要です。また日本の連休前後は値段が安くなることがあるので、要チェックです。タイミングが良ければ、高級リゾートホテルも通常の半額で予約が可能な時期もあります。セブ島旅行を計画している方はこまめに予約サイトを確認してみましょう。また以下のリンクより、セブ島旅行のベストシーズンに関して確認出来ます。

【セブ島市内観光】定番から最新スポット20スポット観光地紹介

セブ島旅行のべストシーズンを知ろう!乾季と雨季・季節はいつ?

セブ島の格安ホテル【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

フィリピン・セブ島ではユースホステルやゲストハウスでなくても、格安でホテルに宿泊可能です。格安でセブ島を楽しみたい方や、学生旅行などにお勧めです。ホテルによれば一泊5,000円以内でプール・ジム付きのホテルに宿泊も可能です。セブ島・マクタン島の日本人観光客に人気のホテルや料金相場は以下を参考にしてみて下さい。

セブシティの格安ホテル費用
  • Cityscape Hotel 1,215〜2,935ペソ
  • Castle Peak Hotel 1,470〜2,433ペソ
  • The Golden Peak Hotel & Suites 1,673〜2,433ペソ
  • The Orchard Cebu 1,220〜2,490ペソ
マクタン島の格安ホテル費用
  • Appleton Boutique Hotel Cebu 2,083〜5,589ペソ
  • Eloisa Royal Suites 2,287〜3,201ペソ
  • Centro Mactan Suites 1,271〜1,627ペソ
  • Murals Mactan 607〜2,427ペソ

航空券はLCC【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

日本からフィリピン・セブ島へのアクセスはLCCの航空券がお勧めです。時期により往復で3万円〜4万円で安価で日本からセブ島の航空券を手配できます。オススメの航空会社は便数も比較的多く、値段もお手頃な「セブパシフィック航空」と「フィリピン航空」です。公式サイトから必要情報を記入しクレジットカード払い対応で比較的簡単に航空券の手配が可能です。以下のリンクより、セブ島持ち込み禁止の受託手荷物&機内持ち込み手荷物の詳細が確認できます。

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島持ち込み禁止の受託手荷物&機内持ち込み手荷物【徹底解説】

セブ島の格安ツアー【セブ島の旅費】

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島で欠かせないのが「ツアー利用」です。旅費を格安に済ませたい方は個人手配を検討される方もいますが、ツアーの内容によれば個人手配よりツアー利用が安く済む場合もあるので、注意しながら予約することもお勧めします。ツアーでは日本語ガイドが丁寧にご案内するので、安心してセブと旅行を楽しめます。大人数の予約だとさらなる割引があり、格安でセブ島を観光できます。以下、セブ島のツアーのメリットをまとめてみました。

セブ島のツアーのメリット
  1. 日本語ガイドの案内で安心。
  2. 送迎車で宿泊施設まで往復移動付きで快適。
  3. 無料レンタルGoProやバスタオルで快適な旅のサポート!
  4. 担当ガイドが記念撮影まで行い、旅の素敵な思い出まで作ってくれる。
  5. 限られたセブ島旅行の中、ツアーを利用し圧倒的に時間短縮できる。

セブ島行きの格安航空2社紹介

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

セブ島旅行を格安にしたい場合、日本からセブ島へのアクセスは格安航空のLCC利用がお勧めです。LCC利用をした場合、オフシーズンでタイミングが良ければ日本とセブ島の直行便で往復3〜4万円で航空券が手配可能です。格安航空では、最低限のサービスのみで、料金に受託手荷物が含まれない場合や機内食が有料の場合があるので、事前に確認が必要です。とにかく格安でセブ島にアクセスしたい方はお勧めです。

受託手荷物が有料の場合、荷物の重量を選択する場合がありますが、事前に受託手荷物の追加オプションをする場合と比べ、空港に到着後、チェックインカウンターにて追加料金で受託手荷物をオプションつける場合、料金が2倍以上する場合があるので、注意が必要です。

日本からフィリピン・セブ島へ渡航の際に利用する航空会社の紹介です。現在、日本からセブ島へ直行日のある航空会社は2社のみで「セブパシフィック航空」と「フィリピン航空」です。以下、各校区会社の詳細をご紹介します。

セブパシフィック航空【セブ島の旅費】

1日1便、東京・成田国際空港からマクタン・セブ国際空港の直行便のあるセブパシフィック航空。セブ島に早く行きたい方にお勧めです。時間を掛けても格安でセブ島にアクセスしたい方はマニラ経由の乗継便もあります。マクタン・セブ国際空港から東京・成田国際空港に行く際は深夜便のみなので宿泊先ホテルをチェックアウト後、荷物の管理をしながら観光できる「チェックアウト後、深夜便までツアー」もあります。

セブパシフィック

【日本からセブ島】

  • 5J5063 8:55 成田国際空港(NRT)- 13:30 マクタン・セブ国際空港(CEB)移動時間:5時間35分

【セブ島から日本】

  • 5J5062 2:25 マクタン・セブ国際空港(CEB)- 8:10 成田国際空港(NRT)移動時間:4時間45分

フィリピン航空【セブ島の旅費】

フィリピン航空は日本から2箇所、直行便でセブ島へアクセス可能です。東京・成田国際空港と大阪・関西国際空港です。両方ともに日中の移動が可能なので、非常に便利です。フィリピン航空は受託手荷物23㎏まで持ち込めるのも嬉しい点です。

フィリピン航空

【日本からセブ島】

  • PR433 14:40 成田国際空港(NRT)- 18:45 マクタン・セブ国際空港(CEB)移動時間:5時間5分
  • PR409 15:25 関西国際空港(KIX)- 18:50 マクタン・セブ国際空港(CEB)移動時間:4時間25分

【セブ島から日本】

  • PR434 7:55 マクタン・セブ国際空港(CEB)- 13:40 成田国際空港(NRT)移動時間:4時間45分
  • PR410 9:05 マクタン・セブ国際空港(CEB)- 14:25 関西国際空港(KIX)移動時間:4時間20分

セブ島の旅費 まとめ

セブ島の旅費はいくら?【セブ島旅行の相場と格安時期を徹底解説】

魅力溢れる東南アジアのリゾート地・セブ島に観光してみませんか?セブ島旅行を検討中の方は日本語ガイドが案内する「セブ島ツアー」を利用してみてはいかがですか?

記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!