子連れでセブ島旅行は大丈夫?セブ島の治安は?注意すべきこと6選

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

日本からセブ島への航空券が手頃で手に入る事や、物価の安さから日本からセブ島へ子連れの家族旅行へいらっしゃる方も近年、多いです。そこで気になるのがリゾートアイランド・セブ島の治安。今回はこれから子連れでセブ島にいらっしゃる家族旅行の方に向けて治安や、安全面を含めた注意すべきことを6つにまとめてご紹介致します。

子連れでセブ島旅行で注意すべきこと6選

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

結論から言うと、子連れの家族旅行はセブ島で可能です。日本からセブ島へのフライト時間も4〜5時間、時差も1時間のみで身体への負担も少ないです。しかしながら、まだまだ発展途上のフィリピン・セブ島を出歩く際は注意が必要です。

日本のように常に安心・安全というわけではなく、個人個人が危険意識を持って出歩かないとトラブルに巻き込まれる可能性があります。以下、子連れセブ島家族旅行の際の注意事項6選をご紹介致します。

子連れでセブ島旅行で注意すべきこと6選

  1. 手荷物は常に管理する
  2. 水道水は飲まない
  3. 外出時は日焼け止め持参
  4. セブ島の交通手段はGrabやタクシー
  5. セブ島・パブリックマーケットを避ける
  6. セブ島繁華街・マンゴーストリートを避ける

①手荷物は常に管理する

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

日本でレストラン内の席を確保する際にテーブルの上に荷物を置く文化がありますが、同じことをセブ島で行うと荷物が盗まれる可能性があります。意識として、海外にいることを忘れず、手荷物は肌身離さず常に管理しましょう。また携帯・スマートフォンも外出時にテーブルの上に置きっぱなし場合、盗まれる可能性もありますので、十分に気を付けましょう。

②水道水は飲まない

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島で喉が渇いた場合、蛇口から出る水道水は飲まないでください。日本とは異なり、上水の殺菌浄化が十分ではなく、水道水は細菌が含まれている可能性があります。水道水は食器を洗ったり、口を濯ぐには問題なさそうです。水を飲む際はミネラルウォーターもしくは、ウォーターサーバーから飲むようにしましょう。

③外出時は日焼け止め持参

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

リゾートアイランド・セブ島の日差しは日本より強いです。マリンアクティビティやアイランドホッピングなど半日以上、屋外に出るアクティビティに参加される場合は日焼け止めを塗っておくと吉です。日焼けした肌は赤くなり、シャワーを浴びるのも痛くなります。セブ島の薬局でも日焼け止めは購入可能です。気になるようでしたら、お子さんの肌にも日焼け止めクリームを塗っておきましょう。

④セブ島の交通手段はGrabやタクシー

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島のローカルがメインで使用するジプニー。フィリピンらしさがあって魅力的ではありますが、子連れの家族旅行にはお勧めしません。ジプニー内でのスリ等が発生する可能性があるからです。セブ市内、マクタン島内の移動は基本的にタクシー、または配車アプリケーションのGrab等をメインに利用するように心がけましょう。またタクシーの際はメーターが動いているか必ず確認しましょう。

⑤セブ島・パブリックマーケットを避ける

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島の庶民の買い物エリア・パブリックマーケット。最も有名なエリアがセブ市内にあるコロン・パブリックマーケットです。フィリピンの庶民の生活を感じるのに訪れるのに良い場所かもしれませんが、他のエリアと比べると治安がよくありません。可能であれば、セブ島のパブリックマーケットには子連れで訪れないほうが良さそうです。もしパブリックマーケットに行く際は、貴金属を身に付けず、カバンは前に掛け、女性はなるだけ露出を避けましょう。

⑥セブ島繁華街・マンゴーストリートを避ける

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

最後になりますが、セブ市内で最も気を付けなければいけないエリアが、セブ市内のセブ島の繁華街・マンゴーストリートです。マンゴーストリートはドラッグの販売、売春、スリが発生しているエリアです。可能であれば、子連れでマンゴーストリートを夜間歩かないことをお勧めします。もしマンゴーストリートに行く場合は日中が好ましいです。危険意識を忘れずに歩きましょう。

セブ島で子連れにオススメの家族旅行

セブ島のアクティビティは沢山の種類がありますが、どのツアーが子連れの家族旅行に向いているのでしょうか。まだ小さなお子様や、泳げない子供。また1日掛かるツアーは子連れでは大変など。オススメのセブ島ツアーを2つ紹介致します。

アイランドホッピング

早起きをせず、送迎車での移動時間が少ないアイランドホッピング」は子連れの家族旅行にオススメです。しかしながら、水が苦手なお子さんや日焼けが出来ないお子さんには他のツアーが良いかもしれません。セブ島・アイランドホッピングでは「島より長い桟橋」のナルスアン島や、「天国に近い島」パンダノン島へご案内致します。3歳以下はツアー代金無料、11歳以下はツアー代金半額でご案内致します。

ボホール島ツアー

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

次に紹介するボホール島ツアー泳げなくても安心の子連れ家族向けツアーです。高速船の移動が片道2時間あるので、船酔いが激しい方にはお勧め出来ません。ボホール島ツアーでは世界最小の猿・ターシャ、チョコレートヒルズ、船上レストランと見どころたっぷりの内容で1日遊び倒せます。3歳以下はツアー代金無料、11歳以下はツアー代金半額でご案内致します。ツアー詳細・予約は以下のリンクより確認しましょう!

セブ島で子連れにお勧めのホテル

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島には数え切れないほどのホテルがありますが、子連れの家族旅行のオススメのホテルは以下の4つになります。全てマクタン島の海沿いにあるリゾートホテルで、子供用のプールが有りセキュリティーが比較的しっかりしています。特にJパークアイランドホテル&ウォーターパークは子供向け施設「ポポロパーク」や、プールにスライダーだ設置されており家族で楽しむことができそうです。日本料理屋の呑気も併設されており、いつでも日本食を食べることが可能です。

セブ島で子連れにお勧めのホテル4つ
  1. プランテーション ベイ リゾート&スパ
  2. Jパークアイランドホテル&ウォーターパーク
  3. シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ
  4. マリバゴブルーウォータービーチリゾート

子連れでセブ島旅行&セブ島の治安 まとめ

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

異文化に触れるに日本からのアクセスが良く、物価も安いので休暇の際は子連れでセブ島に旅行にいらっしゃってみてはいかがでしょうか?日本と異なる文化の中で、適度な危機感を持ち旅行をすれば問題なく過ごすことが出来ます。まずは情報をしっかり下調べしてからセブ島に向かいましょう。不安な方は日本語ガイド付きのセブ島ツアーを利用してみましょう!

記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!