【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム4選

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選

『フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムの観光スポットをご存知ですか?』

フィリピンは、過去にマルコス政権やスペイン統治下など悲劇を繰り返した歴史があり、その場所では多くに人が犠牲となり、現在では幽霊の目撃や不吉な事故が起きたりする場所があります。

今回の記事では、そんなフィリピンのダーク・ツーリズムをご紹介します!

この記事を読んで欲しい方
  • ダーク・ツーリズムを知りたい方
  • フィリピンの歴史を知りたい方

フィリピンのダーク・ツーリズム

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選

フィリピンの観光といえば、綺麗な海や山を想像しますが、人里離れた道を進むと、悲劇と死に関連するダーク・ツーリズムのスポットがあります。

ダークツーリズムと呼ばれる観光は、不気味で身も凍るような体験をするかもしれませんが、そんな事を経験したい方におすすめです。

ダーク・ツーリズムとは

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選

フィリピンのダーク・ツーリズムに関して話す前に、まず「ダーク・ツーリズム」とは何なのかを説明します。

ダーク・ツーリズム(Dark tourism)とは『災害被災跡地・戦争跡地』などの人類の死や悲しみを対象にした観光の事を指します。

またの名を「ブラックツーリズム」などとも呼ばれます。

以下は、世界的に有名なダーク・ツーリズムの観光スポットをまとめて見ました。

世界的に有名なダーク・ツーリズム
  • 原爆ドーム(日本)
  • チェルノブイリ原子力発電所(ウクライナ)
  • グラウンドゼロ(NY)
  • ビルケナウ強制収容所(アウシュヴィッツ)
  • ビューマリス城(ウェールズ)
  • トゥール・スレン虐殺博物館(カンボジア)
  • オラドゥール=シュル=グラヌ(フランス)

フィリピンのダーク・ツーリズム4選

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選

以下では、フィリピンのヤバいダーク・ツーリズムを厳選して4選でご紹介致します!

ダーク・ツーリズムが好きな方は必見です!

フィリピンのダーク・ツーリズム
  1. バギオ
  2. コレヒドール島
  3. マニラフィルムセンター
  4. サンチャゴ要塞

バギオ

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選
出典

バギオ(Baguio)は、フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムの観光スポットです。

バギオは、フィリピンの北部にある山岳地方で、毎年何百万人もの観光客が訪れる地です。

バギオの魅力は、涼しい気候、大型のナイトマーケット、新鮮なイチゴが食べれることなど魅力がいっぱいです。

しかしながら、このバギオはフィリピンのダーク・ツーリズムとしても有名な場所です。

1990年にはバギオ大地震が起きて約2,000名の死者が出たこともあり、今でもその魂が町中を歩き回っていると言われています。

そしてバギオ内では国内で最も多数の幽霊の目撃情報が出ており、特に、バギオにある『ハイアットテラスホテル、ディプロマットホテル、ティーチャーズキャンプ、ラペラルホワイトハウス、ロアカンロード』は特に幽霊が出るということで噂が絶えません。

実際に、バギオを歩いてみるとダーク・ツーリズムが体験できる市内の『ゴーストハンティングツアー』にも参加することが出来ます。

コレヒドール島

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選
出典

コレヒドール島(Corregidor)は、フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムの観光スポットです。

この島は、フィリピンの歴史の中で重要なランドマークとしても有名で、場所はマニラ湾の入り口にあり、スペイン時代に湾に入る船を登録する為の要塞として使われていました。

太平洋戦争中にこの島はアメリカの軍事基地として使用され、日本軍進攻に対して米比連合軍は抵抗を続け最激戦地となりました。

現在この島では「廃墟となった兵舎」や「巨大なマリンタ・トンネル」、戦争中に使用されていた武器や要塞設備を観光で観ることが可能です。

ちなみに島内にあるマリンタ・トンネルはダーク・ツーリズムでも有名な場所で、トンネル内は非常に暗く、最も幽霊が出現する場所とも言われています。

現在では、この島を管理しているサンクルーズが閉鎖を発表して中に入ることが出来ません。

マニラフィルムセンター

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選
出典

マニラフィルムセンター(Manila Film Center)は、フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムの観光スポットです。

この場所は、マニラの北部にあり、フィリピンのマルコス政権時代に無数の残虐行為を残した場所で有名です。

この建物を作る際は、3か月以内という短期の納品で4,000人以上の労働者が24時間の3交代で働き詰めました。

急いでこの建物を建てたこともあり、建設中に4階の足場が落ち、少なくとも169人の労働者が速乾性のセメントに埋もれ死亡したこともあります。

納品後に映画祭が行われることも合ったため、セメントに埋もれ死亡した何百人もの労働者は、結局その場に放置され、今でもセメントの中には死体が埋まっているそうです。

サンチャゴ要塞

【危険】フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム5選
出典

サンチャゴ要塞(Fort Santiago)は、フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムの観光スポットです。

この場所は、スペイン時代に占領の中心として重要な役割を果たした歴史的建造物です。

しかしながら、この場所ではフィリピンがスペインに占領された時代と、第二次世界大戦中に刑務所として機能しており、多くの方が拷問を受け死にました。

以前には、この場所で処刑されたフィリピンの革命家・ホセ・リサールの幽霊を目撃した情報もあるそうです。

現在では、一般公開されて誰でも訪れることの出来るダーク・ツーリズムの観光スポットです。

フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムまとめ

フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズム

フィリピンに存在するヤバいダーク・ツーリズムで気になる観光スポットは見つかりましたか?

これからフィリピンを観光する際は、上記を参考にしてダーク・ツーリズムを楽しんでみても良いかもしれません!

\たくさんの方に選ばれています!/

セブ島の心霊スポットまとめ12選【幽霊・肝試し・心霊現象】
フィリピンの都市伝説10選【信じるか信じないかはあなた次第】



記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!