【フィリピンのテロ組織】イスラム主義組織・アブ・サヤフ

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ

『フィリピンのテロ組織・アブ・サヤフをご存知ですか?』

主に、フィリピン南部のホロ島やバシラン島など、スールー諸島及びミンダナオ島のサンボアンガ半島を拠点とするイスラム主義組織で、フィリピン警察や軍相手にゲリラ戦を行うテロ組織です。

今回の記事では、そんなフィリピンの【アブ・サヤフ】についてご紹介致します!

この記事を読んで欲しい方
  • フィリピンのテロ組織を知りたい方
  • イスラム主義組織・アブ・サヤフを知りたい方

アブ・サヤフってなに?

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ
出典

アブ・サヤフ(Abu Sayyaf)とは、フィリピンのイスラム主義組織であり、フィリピン政府とアメリカ合衆国連邦政府によってテロ組織に指定されている。

このテロ組織は、フィリピン南部のホロ島やバシラン島など、スールー諸島及びミンダナオ島のサンボアンガ半島などを拠点とします。

活動は、主にフィリピン警察や軍相手にゲリラ戦を行い、国外であるマレーシアやインドネシアでも活動を行うようになりました。

フィリピン国軍の発表によれば、2017年3月時点でアブ・サヤフは最大500人程度のメンバーがいましたが、その後に殺害や逮捕が行われ、現在では、100人以下のメンバーとなっています。

2017年には、アブ・サヤフにマレーシア人、インドネシア人、シンガポール人などの外国人メンバーが含まれていることも判明しました。

アブ・サヤフの目的と攻撃対象

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ

アブ・サヤフの目的は、同国中部・ビサヤ地方及び北部・ルソン地方に『イスラム国家を設立する』ことです。

このエリアは以前、『スールー王国』として、1450年代にイスラム教国として存在していました。

また、アブ・サヤフは、フィリピンのルソンやビサヤなどの地域からミンダナオに移住したキリスト教開拓者を追放することを目指しています。

攻撃対象は、ムスリム地域に居住したキリスト教徒、そしてフィリピン政府、個々の標的には,治安部隊、民間人、施設などが含まれます。

活動【フィリピンのテロ組織アブ・サヤフ】

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ

アブ・サヤフは、主にミンダナオ島で、フィリピン警察を相手にゲリラ戦を行います。

他には、誘拐及び身代金の提示、爆撃、斬首、暗殺なども行います。

フィリピン国外での活動では、マレーシアインドネシアが記録されています。

しかしながら、1998年にアブ・サヤフの指導者・カダフィ・ジャンジャラーニがフィリピン警察との銃撃戦で殺害されました。

その後、アブ・サヤフは、『イスラム社会の独立運動を行うグループ』と、『強盗や身代金目的の誘拐を繰り返す犯罪集団』の2つに分裂しました。

テロ活動【フィリピンのテロ組織アブ・サヤフ】

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ

1995年4月

アブ・サヤフの最初の大規模な行動は、ミンダナオ島のイピルの町を襲撃したことです。

2000年4月

ボルネオ島近くのシパダン島から西洋の観光客を含む21人を誘拐しました。

2001年5月

フィリピンのパラワンから、3人のアメリカ人と17人のフィリピン人を誘拐しました。

2002年10月

サンボアンガのフィリピン軍基地近くで爆弾が爆発し、米国軍人が死亡しました。

2004年2月

マニラ湾でスーパーフェリー爆撃し、132人を殺害しました。これは、フィリピン史上最悪のテロ事件として知られています。

2005年

「バレンタインデー爆破事件」が起こり、マニラ、ダバオシティ、およびジェネラルサントスで、8人が死亡、150人以上が負傷しました。

2014年9月

ドイツ人人質の殺害予告を行ったが、翌10月に人質は解放されました。

2015年9月

サマール島のリゾートホテルをボートで襲撃し4名が誘拐されました。

2016年11月

マレーシアサバ州沖をヨットで航海中だったドイツ人男性を誘拐し、妻を銃殺しました。

2017年

誘拐したドイツ人男性に対して、身代金3,000万ペソ要求しましたが、解放交渉は進まず、要求期限となりドイツ人は殺害され、斬首場面の映像で公開されました。

セブセレクト
一部の事件では日本人が巻き込まれているみたい…

歴史【フィリピンのテロ組織アブ・サヤフ】

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ

フィリピンのイスラム主義組織アブ・サヤフの指導者である、カダフィ・ジャンジャラーニは、アフガニスタン紛争が終わった後に、故郷であるフィリピンのバシラン州へ帰り、ミンダナオ島周辺のイスラム社会の独立を行おうとしました。

フィリピンでイスラム社会の独立を行う際に結成されたのが、武装組織・アブ・サヤフです。

アブ・サヤフの名前の由来は、かつて共に戦ったアブドゥル・ラスル・サイヤフからとった名です。

アルカーイダのラムジ・ユセフなどから軍事援助を受け活動を行っています。

まとめ【フィリピンのテロ組織アブ・サヤフ】

【テロ組織】フィリピンのイスラム主義組織・アブ・サヤフ

フィリピンは、年々治安は良くなっていますが、テロ組織のアブ・サヤフは現在の2020年でも活動を行っています。

特に、アブ・サヤフの拠点とされているフィリピン南部のホロ島やバシラン島など、スールー諸島及びミンダナオ島のサンボアンガ半島はなるだけ近づかないように心掛けましょう!

\たくさんの方に選ばれています!/

【超危険】フィリピンのギャング/マフィアまとめ7選

【超危険】フィリピンのギャング/マフィアまとめ7選

記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!