セブ島のチップの相場を徹底解説!【セブ島チップ事情まとめ】

【セブ島3泊4日モデルコース】セブ島観光を家族旅行・女子旅に!

日本人にはあまり馴染みのないチップ。セブ島はチップ文化があるのでしょうか?セブ島の旅行に来たら、チップはどのようにして、いくら払えばいいのでしょうか?今回の記事ではセブ島のチップの相場や詳細なチップ事情をお知らせします。スムーズなセブ島旅行にするためにも、事前にチップ事情を確認しておきましょう。

セブ島は基本的にチップは不要

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

フィリピン・セブ島はチップは必ず支払わないわけではありません。言い方を変えるとセブ島はチップ文化ではなく、チップを渡すと喜ばれる文化です。上記で述べた通り、チップは必ず支払うものではなく、良質なサービスを受けた際に支払うと良いでしょう。

チップを支払うシチュエーションで最も多いと思われるのが、個人的に良いサービスを受けた際です。タクシーのドライバーが目的地まで丁寧に運転してもらったシーンや、マッサージ屋で気持ちの良い十分なサービスを受けた際などに少額で構わないのでチップを払うと良いでしょう。

ちなみにチップの値段は特に決まっているわけでは無いですが、基本的には20ペソ、50ペソ、100ペソの紙幣のどれかで渡すのがスムーズで良いです。500ペソや1,000ペソのチップは基本的に渡さなくてOKです。フィリピン人の最低日給が400ペソ程で、それを元に考えると500ペソ以上のチップは高額すぎるかもしれません。

セブ島・タクシーのチップの相場

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島のタクシーでのチップは基本的には不要です。しかしながら、快適な運転をしてもらった際や、大きな荷物を持ち込む際等は気持ちよく少額で構わないのでチップを払うと良いでしょう。金額は、短距離であれば20〜50ペソ払えば十分でしょう。

マクタン島のリゾートホテルから取るタクシーはボッタクリの被害が出ています。タクシーに乗る前にかならずメーターを使用するか確認して下さい。メーターを使わないタクシーの場合、その場で降りて違うタクシーに乗り換えましょう。

タクシーのチップの相場
20〜50ペソ

セブ島・ホテルのチップの相場

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島のホテルでのチップで払うシーンは大きく2つで「ベットメイキング」と「荷物運びのポーター」です。どちらもチップの支払いは強制ではありません。ベットメイキングの際は、部屋を出る前に枕元に20〜50ペソ程置いておくと良いでしょう。荷物運びのポーターも同じく20〜50ペソのチップを渡せばOKです。両方ともに高額なチップの支払いはしなくて問題ないです。

ホテルのチップの相場
20〜50ペソ

セブ島・レストランのチップの相場

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島のレストランでのチップの支払いは基本的にしなくて問題ないです。高級レストランは元々、サービスチャージで10〜12%取られている場合もあります。レストランでのチップの支払いは、支払い後のお釣りから細かい硬貨や、20〜50ペソはそのまま、伝票ホルダーに挟んだままテーブルの上に置いておくとスムーズです。クレジットカード支払いの場合は、伝票ホルダーもしくはテーブルの上にチップを置いておきましょう。高級レストランの際は、その倍の料金をチップとして支払いしても良いかもしれません。

レストランのチップの相場
20〜50ペソ

セブ島・マッサージのチップの相場

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島でマッサージを受けた時は、帰り際のお茶お出されたプレートの上にチップ袋が備わっているケースがあります。もしくはお茶のプレートの上でもチップは置いても構いません。目安は20〜50ペソで問題なさそうです。高級スパは50〜100ペソで十分です。

マッサージのチップの相場
20〜50ペソ(高級スパは50〜100ペソ)

セブ島・カフェのチップの相場

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

基本的にセブ島のカフェでチップの支払いは必要ありません。しかしながら、良いサービスを受けた際はレジ横に備わっているチップ箱等に硬貨や20〜50ペソ程入れても良いかもしれません。

カフェのチップの相場
少額硬貨、もしくは20〜50ペソ。

セブ島・ツアーガイドのチップの相場

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島ツアーを利用して観光した際のツアーガイドのサービスが良ければチップを支払ってもOKです。目安は50〜100ペソです。特にジンベイザメツアー、ボホール島ツアー等の1日掛けてガイドが付きそうツアーは、満足度に応じて少し多めのチップをツアー終わりに渡すと良さそうです。

ツアーガイドのチップの相場
50〜100ペソ

チップに関する英語フレーズ

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

良質なサービスを受けて感謝の気持とともにスムーズに英語でチップを渡せたら更に素敵!セブ島旅行をより素敵な思い出になるようにチップを渡す際の英語フレーズを覚えておきましょう。

 Thank you.

Thank you.「ありがとう」

最もシンプルで最も言う機会の多いフレーズです。セブ島旅行の際に感謝を伝える時に「Thank you.」と言いながらチップを渡すと受けてはより気持ちが良いでしょう。また「Thank you for cleaning the room. (部屋を掃除してくれてありがとう)」などのメッセージをホテルの枕元に残してチップ共に添えておくと、ベットメイキングのスタッフは喜ぶでしょう。

Keep the change.

Keep the change.「おつりは取っておいてください」

セブ島旅行でこのフレーズを使う機会も多いと思います。支払いをして、お釣りは要らない際に使いのが、「Keep the change.」もしくは「You can keep the change.」です。特にタクシーでの支払い時に使います。タクシーのドライバーもお釣りを持っていないケースがあるので、気軽に「Keep the change.」と言って少額のお釣りは渡しても良いかもしれません。

セブ島・チップを渡す際の注意事項3つ

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

セブ島でチップを渡す際に注意すべきことがいくつかあります。問題なくスムーズにチップを渡すためにも確認しておきましょう。

セブ島・チップを渡す際の注意事項3つ

  1. 必要以上の多額のチップは払わない
  2. チップはサービスを受けたことに対して心づけ
  3. 細かいお金は事前に準備

必要以上の多額のチップは払わない

基本的にチップは受けたサービスに対しての感謝の気持ちです。発展途上国のフィリピンはまだまだ人件費が安く、最低賃金が1日400ペソ程です。それを参考にチップの値段を決めると良いかもしれません。多額、高額のチップを払うシーンもあるかもしれませんが、カモにされたり必要以上にチップの要求をされる可能性があるので、基本的には上記に記載した目安の金額を払うと良さそうです。

チップはサービスを受けたことに対して心づけ

チップはサービスを受けたことに対して心づけです。悪質なサービスや、満足のいかない事にチップを払う必要はありません。あくまでサービスに対しての価値をチップの値段に反映して支払いましょう。

細かいお金は事前に準備

フィリピンあるあるですが、高額な500ペソや1,000ペソで払うとお釣りがないと言われるシーンが良くあります。可能であれば、コンビニ、スーパー、レストラン等で大きなお金を使用し、細かいお金を所持しておきましょう。細かいお金があればスムーズにチップを渡すことが出来ます。

セブ島旅行を検討中の方へ

セブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズ

東南アジアのリゾートアイランド・セブ島にこれからご旅行のご予定はありますか?きっと素敵な思い出が出来ること間違いなしです。セブ島の旅行を検討中の方は、日本語ガイドが案内する「セブ島ツアー」のご予約をお忘れずに!セブ島で素敵な思い出を作りましょう!

記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!