セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブ島と言えば思い浮かぶ「白い砂浜と青い海」。

南国のリゾートアイランドをイメージする方が大半だと思われます。しかしながら、実際に想像するリゾートエリアは一部のみで、セブ島の大半の街並みは、まだまだローカルの色が強い東南アジアらしい風景が広がります。

この記事ではリアルなセブ島の街並みやリアルな実態を写真と共にご紹介致します。

セブ島の街並みはイメージとは異なる?

第二次世界大戦後の1945年後から、セブ島は少しずつ街を立て直し今、現状の街並みに成長しています。戦前は電車が走っていたセブ島は現在は、その姿はなく、交通機関のメインは車となっています。

セブ島は東南アジアのリゾート地として日本人から人気の観光スポットです。セブ島をイメージする際に浮かぶ「綺麗な海」はセブ島内では一部でしか観ることが出来ません。綺麗なリゾートホテルの写真は施設内のみで、施設から一歩出るとまだまだローカルの色が強い庶民の街並みが広がります。

セブ島に渡航の前に、セブ島のリアルな現状と街並みを写真で伝え、事前にセブ島の事を知っておきましょう。もしかしたら、セブ島のイメージと実際のギャップがあり、驚くかもしれません。

セブ島の街並みにはいくつかエリアが分けられます。1つ目はセブ島のローカルエリアで、セブ島の庶民の生活するエリアやマーケットがある街並みです。2つ目はセブ島の開発エリアでIT企業やコールセンターなど外資も多く参入するビジネスエリアの街並み。3つ目はマクタン島のリゾートエリアで南国らしい街並みが広がります。

セブ島の街並みを大きく3つのエリアに別けて紹介!
  1. セブ島のローカルエリア
  2. セブ島の開発エリア
  3. マクタン島のリゾートエリア

セブ島のローカルエリア

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブ島の庶民の買い物と言えば何でも格安で手に入る「コロンストリート」です。上記の写真はコロンストリートの中心街で日中は多くの人で賑わう場所です。左手に見える「SUPER METRO」はセブ島でも有名なスーパーマーケットで日用品から食材まで何でも揃うドンキホーテのようなお店です。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

引き続き、こちらはコロンストリートの写真です。色鮮やかな車体がいくつか見えるのが乗り合いバスのジプニーです。よく見ると車体に黒地に白色で番号が書かれていますが、番号で行き先が分かるようになっています。ジプニーに負けず近年ではバイクの数が激増しています。その理由の大半はセブ島の渋滞の悪化です。通勤・退勤時の時間帯は特に渋滞が酷いので覚悟して移動しましょう。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

コロンストリートの路地では両サイドに露天が沢山出ています。買い物ついでに軽食を食べて行く人が多いのだとか。もちろん庶民向けの価格で格安で食べることが出来ます。一見、衛生面が気になるようですが、意外と問題なさそうです。色々なストリートフードがあるので見て回りましょう!

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

上記の写真はコロンストリートの街並みでよく見かける天ぷら屋です。日本人の想像する天ぷらとは大きく異なり、今、フライパンで調理されているのが天ぷらで、具材は白身魚を練ったものになります。手前にあるボトルはソースでビネガーとチリが混ざったような風味です。ソースを掛けて天ぷらを食べるのがフィリピン流です。値段は30ペソ(約60円)ほど。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブ島の街並みでよく見かける小さな店舗は「サリサリストア」と言われ、何でも売っている小さなコンビニのような役割を果たしていいます。サリサリストアの買付はスーパーで行われ、言わば転売で商売していますが、小さな儲けでも十分に生活できるのがセブ島です。

サリサリストアの店舗の壁に貼り付けられている物は全て携帯キャリア会社の「Globe」の広告です。フィリピンの大手企業はいたるところに広告を貼り付けるのが主流のようです。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

こちらはローカルの住居エリアの街並みです。洗濯は手洗いの家庭がいまだに多いようです。庶民のエリアには高い建物は無く、平べったいですね。木造の家も多いことも原因で、セブ島では毎日のように火事が起きているのも現状です。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

こちらはセブ島の夜に賑わうナイトマーケットです。毎年、クリスマス前の2ヶ月ほどコロンストリートにて開催されています。露店で軽食や衣服、雑貨の販売があります。

売られている古着は元々、海外から発展途上国への物資をしてアメリカ、中国、韓国や日本から持ってこられたものです。古着は海外から支援の形で無償にてフィリピン政府に渡されているはずが、古着は転売され売り物として陳列されています。フィリピンの闇が垣間見れますね、、、

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

こちらはコロンストリートの夜の写真ですが、まだ人通りがあります。この露店はある場所はサンペドロ要塞から徒歩5分ほどの場所にありお土産が格安で買える場所でもあります。以下、セブ島のローカルエリアの注意事項5つをご紹介致します。

セブ島のローカルエリアの注意事項5つ

  1. アクセサリーは外しておく
  2. カバンは体の前に掛ける
  3. 手持ちカバンよりリュックがお勧め
  4. 高額なお金を持っていかない
  5. 夜間はお勧めしない

セブ島のローカルエリアのマップ

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブ島のローカルエリアの有名な場所は2つあり、1つ目が庶民の台所である「カルボンマーケット」、2つ目がセブ島の繁華街とも言われる激安ショッピング街「コロンストリート」です。

カルボンマーケット(Carbon Market)

コロンストリート(Colon Street)

セブ島の開発エリア

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

次にご紹介するのはセブ島の開発エリアの街並みです。開発エリアは3つありセブ島は「セブ ITパーク」と「セブ・ビジネス・パーク」。マクタン島は「マクタンニュータウン」です。

開発エリアの街並みは日本とあまり変わらなく、高層ビルで埋め尽くされ、歩道も整備され歩きやすく、野犬やストリートチルドレンを見ることもありません。開発エリアは全体的に監視カメラの設置がされていることもあり、犯罪率は他のエリアと比べると少ない傾向にあります。

1970〜1980頃まで元空港だった土地のセブ ITパークは現在では巨大な開発地域となり、高層ビル内ではコールセンターやIT企業などが入っています。外資も多く参入していることも多く、開発エリアで働いているフィリピン人の給料も平均より上を行きます。

またセブ ITパークは大人気のナイトマーケットや最新大型ショッピングモールのアヤラセンターブロックもオープンし、更に多くの人で賑わっています。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

上記の写真はセブ・ビジネス・パークでアヤラモールのすぐ側の街並みです。このエリアは車が多く常に渋滞しています。特に雨の際はタクシーが捕まらず困ります。近年では配車アプリのGrabやAngkasが便利になり非常に助かります。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

まるで近未来のような景色が見れるのはセブ・ビジネス・パークのアヤラモールです。大きな中庭があり広々とした空間です。セブ・ビジネス・パークは元ゴルフ場で広大な敷地が今の開発エリアとして発展しています。写真の通り、高層ビルが立ち並ぶ街並みが広がります。

セブ島の開発エリアのマップ

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブシティの開発エリアは現在3つあります。1つ目がアヤラショッピングモールのある「セブ・ビジネス・パーク」です。2つ目がレストランやバー、またコールセンターが集まる「セブ ITパーク」、3つ目はマクタン島の開発エリア「マクタンニュータウン」です。

セブ・ビジネス・パーク(Cebu Business Park)

セブ ITパーク(Cebu IT Park)

マクタンニュータウン(The Mactan Newtown)

マクタン島のリゾートエリア

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

皆さんがイメージするセブ島の街並みはまさにマクタン島のリゾートエリアです。リゾートホテル内には宿泊施設、バー、レストラン、ジム、プール、プライベートビーチと施設が充実し、基本的にホテルの外に出なくても楽しめるようになっています。

マクタン島のリゾートエリアは宿泊施設以外は、ローカルの色が強い街並みです。ホテルの外に出てみると、まさにカオスのようなローカルのエリアが立ち並びます。リゾートホテルとのギャップが凄く衝撃かもしれません。

マクタン島のリゾートエリアの海はそこその綺麗ですが、透明度が高く多くの魚を見たい方はアイランドホッピングなどで離島で泳ぐことをお勧めます。

セブ島で南国リゾート感を求める方はマクタン島の海沿いのホテルを予約してみましょう。値段はピンきりですが、価格が高いほど良いサービスを受けられそうです。折角のバカンスなら良いホテルを予約してみましょう。

マクタン島のリゾートホテル内では結婚式として利用されることも多々あります。綺麗な砂浜、青い空に囲まれた結婚式は特別な思い出になること間違いなしです。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

マクタン島のリゾートホテルにはプールとプライベートビーチは付き物です。南国らしく思い切り泳いで素敵な時間を過ごしましょう!日焼けにだけは注意が必要そうですね。

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

マクタン島から出発するセブ島のアイランドホッピングは観光の定番中の定番!綺麗な海で思い切り泳いで素敵な思い出を残しましょう!アイランドホッピングの詳細は以下のリンクから。

セブ島アイランドホッピング完全攻略ガイド・離島7選【セブ島観光】

セブ島アイランドホッピング完全攻略ガイド・離島7選【セブ島観光】

マクタン島のリゾートエリアのマップ

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

マクタン島のリゾートエリアのマップで最も有名所はマリバゴエリアです。有名なホテルが立ち並び、周りにはマッサージ・スパ、お土産屋、飲食店も多く点在し、歩いてみて回れる旅行者向けのエリアです。特に中国人、韓国人、日本人が多いエリアです。

マリバゴ(Maribago)

セブ島の街並みを見て歩く際の注意事項5つ

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

セブ島の街並みは日本と異なり、注意しなければならない事項がいくつかあります。セブ島で困らないためにも事前に確認しておきましょう!セブ島の街並みを見て歩く際の注意事項5つ「歩道が狭く歩きずらい」「雨が降ると水溜りが出来る」「信号が少ない」「横断歩道が少ない」「野犬が多い」をご紹介します。

①歩道が狭く歩きずらい

セブ島の特にローカルエリアは歩道が整備されていないこともあり、歩道が狭いもしくは歩道がない場合があります。セブ島の車は荒々しく距離感近めで走ってきますので、外出する際は車に気を付けながら歩きましょう。

②雨が降ると水溜りが出来る

セブ島のネックな部分でもある排水問題。排水がうまく出来ておらず雨が降ると水溜まりが出来ます。特にマリバゴエリアは雨の際、プールのような大きな水溜りが出来て、非常に歩きづらく汚いです。雨の日は靴はなく、サンダルを履いて出歩きましょう。

③信号が少ない

セブ島は信号がまだまだ少ないです。交通量や人口に対して、ライフラインが間に合っておらず、信号が少ないのが現状です。それでも渋滞が酷く、日中は手旗信号で人が手動で信号の代わりに働いています。早めにセブ島に信号が設置されることを祈ります。

④横断歩道が少ない

セブ島は歩行者にあまり優しくないイメージで、横断歩道が少ない傾向にあります。横断歩道が少ない為、ローカルは横断歩道がなくても、至る所で車道を跨いで移動します。エリアに寄っては警察が見張っており、横断歩道を利用しないと罰金で50〜100ペソ取られる場合もあります。

⑤野犬が多い

セブ島の問題点では野犬が多いことにもあります。ローカルが野犬に餌を与え続け、野犬の数が減らないのが現状です。フィリピン人の特徴で弱者に優しい面があり、野犬などを見ると餌を与えたくなる習慣があるのだとか…

セブ島の街並みを徹底分析!まとめ

セブ島の街並みを徹底分析!【セブ島のリアルな実態を写真で紹介】

調べてみるとセブ島の街並みは、日本とはだいぶ異なることが分かりました。上記を参考にセブ島の街歩きを楽しんでみて下さい。セブ島でツアー利用を検討中の方は、日本語ガイドが案内するセブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズがスミロン島をご案内致します!素敵なセブ島旅行のサポートをさせて頂きます。ツアーの詳細や予約は以下のリンクより確認出来ます。皆様のご連絡をお待ちしております!

セブ島オプショナルツアー会社



記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!