セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

セブ島の外国人観光客の受け入れ再開【コロナ後の入国の方法紹介】

『セブ島の危険な場所をお探しですか?』

観光や留学で人気なセブ島ですが、場所によっては危険とされるエリアがあります。

犯罪に巻き込まれずに、安全に旅行をしたい方は危険場所は避けたいものです。

今回の記事では、そんなセブ島の危険な場所を厳選して7選でご紹介致します。

これからセブ島に渡航予定の方は必見です!

この記事を読んで欲しい方
  • セブ島の危険な場所を知りたい方
  • セブ島の犯罪が起こる場所を知りたい方

セブ島は危険な場所なの?

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

これからセブ島に観光や留学で渡航する多くの方が気になることは、セブ島の治安や危険な場所なのではないしょうか?

セブ島は『危険な場所』なのかと言う質問に関しての返答は『そこまで危険ではない』けれども、日本と比べたら危険であるというのが正直な答えだと思います。

セブ島で日常的に危険を感じる事は、ほぼありませんが、日本に居る感覚のままセブ島で生活をすると犯罪に巻き込まれる可能性は大いにあります。

特に、見た目があからさまに観光客や留学生だとわかる場合や、金のアクセサリーを身に着けて、リュックを後ろに背負ったまま、セブ島の危険な場所に立ち入ると犯罪のターゲットになりやすいです。

では、実際にセブ島のどの場所が危険なのでしょうか?以下で詳しくご紹介致します。

注意事項
観光客や留学生がセブ島で犯罪に巻き込まれやすのは『スリや置き引き』です。荷物の管理はしっかりしましょう!

セブ島の危険な場所7選

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

では、ここからが本題です。

以下では、セブ島の危険な場所7選をご紹介致します。

これからセブ島に渡航予定の方は以下の場所を歩く際は、貴重品の管理に気をつけて歩きましょう!

セブ島の危険な場所7選
  1. コロンストリート
  2. カマガヤン
  3. エルミタ
  4. パシル
  5. ダルジョ
  6. マンバリン
  7. マンゴーストリート

コロンストリート

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

はず最初に気をつけなければならない危険な場所は、セブ島の繁華街である『コロンストリート(Colon Street)』です。

基本的に、身なりを周りの現地民に合わせて、貴重品を持ち歩かなければ、特に危険な場所ではありません。

特にナップザックなどを背中に背負ったまま、観光客らしい身なりをしてると、買い物中に後ろからスリに合う可能性があるので、リュックなどは前に持ち替えてから、コロンを歩きましょう。

また金のアクセサリーなどをしている場合は、犯罪のターゲットにされやすいので、アクセサリー類は外してからコロンに行くと良いでしょう。

カマガヤン

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

カマガヤン(Kamagayan)の特にジャンケラストリート(Junquera Street )はセブ島の庶民向けの歓楽街でありますが、特に夜間は危険な場所になります。

確かにこのエリアを夜間に歩くと薄暗く、観光客や留学生の姿はまったく見かけず、路地も多いので不気味です。

この場所はセブ島の庶民向けの売春婦が立っているエリアであり、過去には違法薬物の取引が頻繁に行われていた場所でもあり、いまだに雰囲気はあまり良くありませんので、用事がない限りは近づかない方が良いかもしれません。

エルミタ

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

エルミタ(Ermita)はセブ島の庶民の台所『カルボンマーケット』のすぐ横にあるエリアで、スリや違法薬物の天国としても知られている危険な場所です。

コロンストリートの近くでもあるこのエルミタは、小さな住宅が多く、住民も多く犯罪の温床となっている場所の1つでもあります。

ドゥテルテ氏が大統領に就任以降、街の治安も以前より改善され、現在はエルミタも日中に歩けば、そこまで危険を感じたことはありません。

このエリアは子供が多く、気がついたらポケットに入れておいた物が盗まれている事などが起こりうるので、貴重品の管理はしっかりしましょう。

パシル

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

セブ島の魚介市場として有名な『パシル(Pasil)』はセブ島の中でも危険な場所の1つとして有名です。

現地のタクシードライバーもこのエリアに入ることをあまり勧めない程、治安が良い場所ではなさそうです。

セブ島の中でも安価で庶民に需要のある違法ドラッグ『シャブ』はパシルでも多く違法取引がされており、夜間にパシルを歩き回ることはお勧め出来ません。

ダルジョ

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

セブ島のダルジョ(Duljo)は違法薬物の売人の避難所として有名な場所で危険な場所の1つです。

このエリアは指名手配中の犯罪者が多く隠れて居ると言われており、暴力的な事件も発生している場所なので、用事がない限りは近づかない方が良さそうです。

ダルジョの中でも特に『ファティマ(Fatima)』と呼ばれる場所は、特に治安が良くないので気をつけましょう!

マンバリン

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

マンバリン(Mambaling)は、SMシーサイドからすぐの場所にあるセブ島で危険な場所の1つです。

スリなどが発生する場所なので、このエリアに外出する際は、貴重品の管理をしっかりしましょう。

集団でのスリも発生する場所で、1人が近づいてきて、意識を集中している隙に、もう1人が貴重品を盗むなど巧みにスリを行います。

リュックなどは前に持つなどして、対策をしてから歩きましょう!

マンゴーストリート

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

セブ島の繁華街である『マンゴーストリート(Mango Street)』も夜間は危険な場所なので注意が必要です。

夜間になるとこの場所には売春婦と違法ドラッグの売人が集まります。

人が多くごった返している場所では、子供などがスリを行うこともあるので、貴重品の管理はしっかりと行いましょう。

多くの留学生が、マンゴーストリートで、ポケットに入れていたiPhoneが盗まれた話を聞くので、飲みに出かける際は、注意して自己責任で出かけましょう。

【セブ島ナイトスポット】マンゴーストリートで犯罪多発エリアはココ

セブ島の危険な場所7選まとめ

セブ島の危険な場所7選【危険!犯罪が起こる地域】

セブ島の危険な場所は分かりましたか?

上記で紹介した危険な場所7選の中でも、特にパシルはあまりいい噂を耳にしないので、近くに行く際は気をつけてましょう!

セブ島で犯罪に巻き込まれないためにも、上記で紹介した危険エリアは、用事がない限りは近づかない方が良さそうです。

楽しくセブ島を滞在しましょう!

\たくさんの方に選ばれています!/

セブ島の治安・危険情報【2020年最新版・日本人が犯罪被害に】
セブ島の観光で注意すべき事13選まとめ【旅行前に絶対読んで】



記事を気に入ったらシェアしてね!
ABOUT US
セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!