ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ジンベイザメと泳げるのはセブ島のオスロブだけではなく、ボホール島のリラにあります。ボホール島のジンベイザメ日本人にはまだ知られていない穴場スポットとして今、注目を集めている場所です。この記事ではボホール島ジンベイザメツアーにこれから検討中の方に自力とツアー利用をして行く方法をご紹介致します。ボホール島を誰よりも楽しもう!

ボホール島はどんな場所?

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

まずボホールとはどんな場所なのか紹介致します。フィリピン・セブ島より港から高速船で片道2時間の場所にボホール島はあります。ボホール島の面積はフィリピンの離島で10番目に大きな島です。ボホール島は格好スポットが多く、有名な観光地は1286個の丘が連なるチョコレートヒルズや世界最小の猿・ターシャを見ることが出来ます。

セブ島からのアクセルも非常に良いことからセブ島から出発する日帰りツアーも多く充実しいます・また2018年にはボホール島パングラオに国際空港が完成し、今では海外から直接、ボホール島に飛行機での移動が可能となりました。ジンベイザメが泳げるようになったボホール島はこれから更に人気の観光名所になること間違いなし。そんなボホール島のジンベイザメに関してご紹介致します。

夏休みにセブ島に旅行はお勧め出来ません【雨季・台風シーズン】

ボホール島観光スポット13選まとめ【行き方・魅力を徹底解説】

ボホール島
  • 英語表記:Bohol Island
  • 場所:フィリピン中部ビサヤ諸島(ボホール州)
  • 面積:4,117 km2(フィリピン国内10番目の大きさの島)
  • 言語:タガログ語と英語、セブアノ語、また少数はボホラノ語
  • 宗教:カトリックがメイン、プロテスタントも少数

ボホール州 公式サイト

ボホール島の天気・気候

ボホール島は常夏の島で年間の平均気温は26~27℃と言われ基本的に半袖・半ズボンで年中通して過ごせる気候にあります。季節は大きく分けて2つで12月から5月の「乾季」と6月から11月の「雨季」です。ベストシーズンは毎年12月から4月と言われています。

雨季の時期は熱帯低気圧や台風が発生しやすく、風が吹き波が高い日はボホール島からセブ島までの高速船が運行休止になることもあるので、日程に余裕を持って旅行を計画することをお勧めします。またボホール島に向けた高速船内のエアコンが効きすぎている事もあるのでカーディガンやストールを持参すると良さそうです。

ボホール島でジンベイザメと泳げる場所はどこ?

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島でジンベイザメと泳げるエリアはリラのTAUG WHALESHARK WATCHING AND SNORKELING(タアグ ホエールウォッチング アンド シュノーケリング)です。ボホール島の高速船発着の港があるタグビラランより車で片道45分程の場所にある海沿いです。近隣には観光の際、ランチで利用されるロワイフローティングレストラン(Loay Floating Restaurant)が車で10〜15分の場所にあります。

タアグ ホエールウォッチング アンド シュノーケリング
  • 英語表記:TAUG WHALESHARK WATCHING AND SNORKELING
  • 営業時間:6:00〜
  • 場所:ボホール島

オスロブのジンベイザメとボホール島のジンベイザメの違いは

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ジンベイザメと泳げるセブ島・オスロブとボホール島の違いは何でしょうか。オスロブのジンベイザメと比べて、ボホール島のメリットとデメリットの2つに分けてご紹介致します。これを参考にして、ボホール島かセブ島・オスロブのジンベイザメどちらにするか決めてみましょう。

ボホール島のジンベイザメのメリット

ボホール島のジンベイザメは2019年より始まった新しい観光スポットで、まだ知られていないため、オスロブと比べ観光客が少なく、待ち時間が少なく案内できます。また観光客が少ないため、ボホール島のジンベイザメの海水は濁りが少なく透明度がある海水の中でジンベイザメと泳ぐことが可能です。

ボホール島のジンベイザメエリアの施設自体が綺麗に保たれており、常設のトイレやシャワーも数が多く水圧も問題なく利用できるのも嬉しい点です。また同伴するボートマンもフレンドリーな方が多く、気持ちよく泳げるのが特徴です。ジンベイザメと泳げる時間はオスロブと同じく30分です。

オスロブのジンベイザメのメリット

新たな観光スポットとして始まったばかりのボホール島のジンベイザメは周辺に大きな飲食店やお土産屋があるわけではなく、シンプルな作りになっています。他の施設の充実度で言えばオスロブが優勢でしょう。ボホール島のジンベイザメは泳ぐだけの観光地で、歩いて見て回る範囲では特に何もありません。

ボホール島ジンベイザメと自力で泳ぐ方法

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

自力でボホール島ジンベイザメに参加する場合には2つ方法があり、ボホール島・パングラオに前泊してツアーに個人で申し込み参加する方法、もしくは当日の早朝の高速船でセブ島からボホール島に移動し、車のチャーター後にジンベイザメに参加する方法です。

前者のボホール島・パングラオに前泊してツアーに個人で申し込み参加する方法では、リゾートホテルが立ち並ぶパングラオのエリアにはツアー会社のキャッチが街中におり自力で交渉するか、現地のツアー会社に出向き翌日のジンベイザメツアーに申し込みに行くかのパターンになります。費用は移動費とジンベイザメシュノーケリングの料金で1名1,500〜2,500ペソ程で参加可能となります。

後者の当日の早朝の高速船でセブ島からボホール島に移動し、車のチャーター後にジンベイザメに参加する方法は、ボホール島の港・タグビラランに到着後、運転手付きのバンが待機しているので、行き先と利用時間を指定してい貸し切ることが可能です。値段交渉の際に英語もしくはビサヤ語で話す必要があります。相場で12名乗りのバンで2,500〜3,500ペソで貸切可能です。この料金は車のチャーター代のみで各種エントランスは別途です。

ボホール島ジンベイザメの料金は一般1,000ペソ、ローカルのフィリピン人は500ペソになります。

ボホール島ジンベイザメをツアー利用で泳ぐ方法

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

旅慣れていない方や英語が苦手な方はツアーを利用してボホール島・ジンベイザメツアーを利用してアクセスをお勧め致します。自力でボホール島・ジンベイザメにアクセスするよりツアーをお勧めする理由は以下の5つです。

ツアーを利用する特典
  • ジンベイザメと泳いでる間に荷物管理をしてくれる。
  • 自ら交渉しなくとも送迎車でスムーズに案内してくれる
  • 無料レンタルGoProやバスタオルで快適な旅のサポートが有る。
  • ガイドが記念撮影まで行い、旅の素敵な思い出まで作ってくれる。
  • 限られたセブ島旅行の中、ツアーを利用し圧倒的に時間短縮できる。

ツアーの詳細や予約は以下のリンクより確認できます。より素敵なセブ島旅行にするためにツアーのご利用をお勧め致します。

ボホール島ジンベイザメの開催日と営業時間

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島・ジンベイザメの営業時間はを午前6時から昼前のみです。ジンベイザメは朝食を食べにボホール島に来ており、ジンベイザメはお腹が一杯になり次第、姿を消します。目安で午前10〜11時頃にボホール島・ジンベイザメの営業が終わる可能性があるので注意が必要です。ジンベイザメと泳げる時間は目安で30分となります。

開催日は基本的に土日祝日に関係なく定休日無しで開催されています。特にGW(ゴールデンウィーク)、シルバーウィーク、年末年始(お正月)、チャイニーズニューイヤー(旧正月)等の祝日や3日以上の連休の場合は通常以上に混み合うので早い時間に行くことをお勧めします。

防水カメラでボホール島ジンベイザメと写真を撮るには

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ジンベイザメと泳ぐなら大切な記念を残すためにも防水カメラで写真や映像を残したいものです。現在、ボホール島のジンベイザメでは現地でGoProのレンタルはありません。セブ島オプショナルツアー会社・セブセレクトツアーズでは無料でGoProレンタルの案内をしていますので、是非ツアーのご利用してみて下さい。ツアー終了後に、GoProのデータをお客様の携帯へ転送させて頂きます。

ボホール島ジンベイザメの注意点

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島・ジンベイザメと泳ぐ前にゲストは必ずオリエンテーションを受け事前に注意事項を伝えられます。注意事項に従わないゲストはジンベイザメと泳げない、もしくは罰金対象になることもありますので、必ず以下の注意点を守るようにお願い致します。

日焼け止め禁止

ボホール島・ジンベイザメのエリアでは日焼け止めクリームの使用を一切禁止しております。日焼けが気になる方ははラッシュガード等を持参して着用する等しましょう!特に女性の方で日焼けが気になる方は注意しましょう。

ジンベイザメと一定の距離を取り触らない

ジンベイザメは温厚な性格でプランクトンを主に食べる生き物ですので、人間が食べられる心配はございません。しかしながらジンベイザメは最大で10メートル以上のあり、その尾びれで叩かれると怪我をする場合があります。ジンベイザメと泳ぐ際は5メートル以上ジンベイザメから離れるようにしてください。またジンベイザメに触ることは許されていません。

フラッシュ撮影は禁止

ジンベイザメは、繊細で温厚な性格をしています。ジンベイザメに触れないようにするのと同様に、カメラフラッシュ等はジンベイザメを刺激して驚いて興奮してしまうよう可能性が十分にあります。ボートに乗り込む前に持参するカメラは必ずフラッシュの設定をOFF にし、安全に楽しみましょう。

6歳以下の子供は対象外

6歳以下の子供は規定により、ボホール島のジンベイザメと泳ぐことが不可となります。お子さんを連れてジンベイザメと泳ぐ際は年齢確認が可能な顔写真付きIDのパスポートを念の為、持参すると良いでしょう。

ボホール島ジンベイザメ周辺の観光地

ボホール島・ジンベイザメに参加される方は、他のボホール島観光スポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。最も人気のチョコレートヒルズや、定番の世界最小の猿・ターシャなどボホール島には欠かせない素敵な観光スポットが沢山あります!

チョコレートヒルズ

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島で定番中の定番チョコレートヒルズ(Chocolate Hills)は1286個の丘で出来上がっています。世界遺産申請中で、今後、より人気の観光地になりそうです。毎年4月の紅葉時期にはチョコレートヒルズは茶色に色づき、まるでチョコレート色になります。ボホール島に観光の際は、是非見てみて下さい!

チョコレートヒルズ
  • 英語表記:Chocolate Hills
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 場所:ボホール島

世界最小の猿・ターシャ

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島で大人気の世界最小の猿・ターシャが見れるのはフィリピンでボホール島・ターシャ コンサベーション エリア(Tarsier Conservation Area)。ターシャは非常に繊細で、ストレスを感じると自害するので見る際は以下の3つの約束事を守って楽しみ下さい。「大きな声を出さない」「フラッシュ撮影しない」「一定の距離を取って見る」です。可愛いターシャにあなたも惚れること間違いなし。

ターシャ コンサベーション エリア
  • 英語表記:Tarsier Conservation Area
  • 営業時間:8:30〜16:00
  • 場所:ボホール島

ヒナグダナン洞窟

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

ボホール島パングラオの手付かずの自然が残る観光スポット・ヒナグダナン洞窟(Hinagdanan Cave)。小さな入り口を通り地下の洞窟まで入ると大きな洞窟プールが待っています。洞窟内のプールはライフジャケット着用で泳ぐことが可能です。非日常の体験をしてみましょう。

ヒナグダナン洞窟
  • 営業時間:7:30〜17:00
  • 英語表記:Hinagdanan Cave
  • 場所:ボホール島 パングラオ

ボホール島ジンベイザメツアーの申込方法

ボホール島ジンベイザメと泳ぐ方法【自力&ツアー利用を徹底比較!】

これからボホール島にいらっしゃる方は上記を参考にボホール島旅行を計画してみて下さい。魅力溢れるボホール島で素敵な思い出を作りましょう。ボホール島ツアー利用を検討中の方は日本語ガイドが案内するセブ島オプショナルツアー・セブセレクトツアーズのご利用をお勧め致します!素敵なボホール島旅行のサポートをさせて頂きます。ツアーの詳細や予約は以下のリンクより確認出来ます。皆様のご連絡をお待ちしております!

記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!