セブ島のグラフティのアーティスト8選【ストリートアート】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

フィリピン・セブ島はグラフティを中心にアートが盛んな土地です。

しかしセブ島のアーティストの大半がアンダーグラウンドで活躍しており、町中でグラフティーは目にしますが実際に名前の知らないアーティストが多いのが現状です。

今回の記事はセブ島のグラフィティアーティストを中心に活躍している方を紹介します!

この記事を読んで欲しい方
  • セブ島のストリートアートを見たい方
  • セブ島のグラフティアーティストを知りたい方

セブ島はグラフティの聖地

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

まずはグラフティの意味をご紹介致します。

グラフィティ (graffiti) は、エアロゾールアート (aerosol art) ともいい、スプレーやフェルトペンなどを使い、壁などに描かれた図像のことである。グラフィティを描く者のことを、ライター (writer) やペインター (painter) という。日本ではグラフィティを落書き(scribble)と言い表すこともある。

出典:Wikipedia

セブ島に一度は観光や留学等で訪れたことがある方は、お気づきかもしれませんがセブ島は町中の至る所でグラフティを目にします。

セブ島は世界的に見てもグラフィティが盛んな土地で、その理由のは2つで「グラフィティが格好良いと思う若者が多い」ことと「街を見回る警察が少ない」事実が重なっているからです。

セブ島でグラフティがある場所4選

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

以下ではセブ島で見つけることの出来るグラフティのエリアを紹介します。

基本的には町中の人通りが多い大通り沿いの壁に描かれていることが多いです。

セブ島でグラフィティを観る際は以下のエリアに足を運んでみて下さい!

セブ島でグラフティがある場所
  1. Kukuk’s Nest
  2. Escario Street
  3. Pacific Originals周辺
  4. Soriano Avenue

Kukuk’s Nest【セブ島のグラフティ①】

セブ島のグラフティのアーティスト8選【ストリートアート】

Kukuk’s Nestはセブ島のアンダーグラウンドシーンを語る上で欠かせない民家を改装したレストラン・バーです。

2019年にセブ島のローカルグラフィティアーティスト「PEACE CLUB」がグラフィティアーティストのイベントを開催し、現在2020年でもKukuk’s Nestの建物や、その周辺はグラフィティだらけです。

Kukuk's Nest

Escario Street【セブ島のグラフティ②】

セブ島のグラフティのアーティスト8選【ストリートアート】

セブ島で最も人気がありグラフィティの書き換わる周期が早いのはEscario Streetです。

特にアヤラモールからゴールデンピークホテルまでの大通り沿いの壁にグラフィティを見つけることが出来ます!

Escario Street

Pacific Originals周辺【セブ島のグラフティ③】

セブ島のグラフティのアーティスト8選【ストリートアート】

セブ島ローカルアパレルショップのPacific Originals周辺の壁にグラフィティを観ることが出来ます。

このエリアは小さな路地になっており、歩いてみて回れます。

Pacific Originals周辺

Soriano Avenue【セブ島のグラフティ④】

セブ島のグラフティのアーティスト8選【ストリートアート】

Soriano Avenueは今回、紹介する4つのグラフィティのエリアの中でもっともグラフティの数の多い場所です。

ここのエリアはストリートチルドレンが夕方以降出現し治安が良くないので日中に行くことをおすすめします。

Soriano Avenue

セブ島のグラフティのアーティスト8選

セブ島のグラフティのローカルアーティスト8選【ストリートアート】

以下ではセブ島の町中で見つけることの出来るローカルグラフティアーティストをご紹介致します。

アーティスト名と一緒に各SNSのリンクも張っておきますので、気になるアーティストを見つけたらフォローしてみて下さい!

グラフティ ローカルアーティスト8選
  1. PEACE CLUB
  2. Soikavomiter
  3. Hansoy Jurado
  4. AJ TABINO
  5. Alcy Salazar
  6. Karingkay
  7. Distort
  8. Bastinuod

PEACE CLUB【セブ島のグラフティアーティスト①】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

PEACE CLUBはセブ島のローカルグラフィティ集団でローカルストリートウェアショップの「The Good Neighborhood」や「STRAP」とコラボしTシャツやキャップの販売も行いました。

Escario StreetやKukuk’s NestのエリアでPEACE CLUのグラフティを見つけることが出来ます。

Soikavomiter【セブ島のグラフティアーティスト②】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

セブ島で最も有名なグラフティアーティストでありながら、強烈な印象を与える作品を残す「Soikavomiter」はEscario Streetやガイサノカントリーモール付近で彼のグラフティを見つけることが出来ます。

Soikavomiterは2018年にセブ島のギャラリー・Qube Galleryで個展を開いたり、アヤラモールのFeliciの店頭に絵が飾られたり人気が高く評価されているセブ島のグラフティアーティストです。

Hansoy Jurado【セブ島のグラフティアーティスト③】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

Hansoy Juradoは文字を綺麗な曲線に描くグラフィティアーティストです。

写真はマンダウエにあるコワーキングスペースThe Companyに描かれているグラフィティです。

セブ島の路上でも彼の作品を見つけることが出来ます。

AJ TABINO【セブ島のグラフティアーティスト④】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

セブ島の女性のグラフィティアーティストAJ TABINOは美的な曲線を上手に利用したグラフィティアーテイストです。

TUF Barbershop ITパークなどにも彼女の作品を見ることが出来ます。

Alcy Salazar【セブ島のグラフティアーティスト⑤】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

Alcy Salazarは奇妙なグラフィティで目につく作品を多く残すセブ島のグラフィティアーティストです。

Escario StreetでAlcy Salazarの作品を見つけることが出来ます。

グラフィックも得意とするAlcy Salazarはフライヤーのデザイン作成なども行っています。

Karingkay【セブ島のグラフティアーティスト⑥】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

セブ島の町中で見かける写真の顔はKaringkayが制作したもので、それ以外にもグラフィティも描きます。

Karingkayの作品はセブシティの町中でランダムに貼り付けられ、至る所で見つけることが出来ます。

Distort(マニラ)【セブ島のグラフティアーティスト⑦】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

マニラの人気グラフィティアーティストのDistortはセブ島の町中で見つけることが出来ます。

特にPacific Originals周辺やKukuk’s Nestのエリアを散策すると見つかります。

現在ではDistortの制作するフィギュアやエコバック等も販売しているそうです。

Bastinuod【セブ島のグラフティアーティスト⑧】

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

最後にご紹介するのはセブ島のペインターでBastinuodです。

水彩画を用いたような優しいタッチでセブ島の日常の景色を描きます。

Bastinuodの作品はポストカードやステッカーで購入可能で、セブ島のお土産にもおすすめです。

セブ島のグラフティは違法

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

セブ島のグラフィティを含むストリートアートは公共の財産を汚し破壊的であるとされています。

グラフィティを禁止するために、セブ市長は​​防止条例のいくつかの改正を行い、市条例第1361号の改正で落書きを壁にする事は禁止されます。

条例は、エアゾール塗料を使って壁や構造物を破壊した者を罰することになります。

違反者は1,000〜5,000ペソの罰金、または最長30日間の懲役になります。

また、5〜10日間の隔離を実施し、破損した資産を復元する必要があります。

セブ島のグラフティアーティストの現実

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

セブ島のグラフィティアーティストは、サポートの不足や世間の受け入れなど、多くの課題に直面しています。

いまだに多くの人にとって、グラフィティは「破壊行為」と認識されがちです。

今後、セブ島のグラフィティアーティストは作品を通し、主に社会問題についてメッセージを送り理解を得ようとしています。

セブ島のグラフィティアーティストの最も課題となることは、使用する機材やペンキなどの出費を負担できるスポンサー探しです。

資金がないと、セブ島のグラフィティシーンを存続させることは難しいのが現実です。

現在、セブ島のグラフィティアーティストの一部は仲間の中小企業のグループにより、資金のサポートを受けていますが、いまだに資金とスポンサーが不足しています。

セブ島のグラフティまとめ

セブ島のグラフティのローカルアーティスト紹介【ストリートアート】

探してみるとセブ島には数多くのグラフィティ作品が見つかります。

上記を参考にしてセブ島の街を見てみるとそれぞれグラフティアーティストの名前もわかり、より興味深く作品を楽しめるキッカケになるかも知れません!

\たくさんの方に選ばれています!/

フィリピンのユースカルチャー5選【フィリピン人の若者文化】
フィリピンのタトゥーアーティスト人気10選まとめ【彫師/入れ墨】



記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!