フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当!?】

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

「フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当なのでしょうか?」

実は、フィリピンアジアで初めてLGBTのパレードを行ったり、世界的にもフィリピンはLGBTが住みやすい国として認知されています。

今後はフィリピンで同性婚が認められる日がくるかも知れません。今

回の記事では、そんなフィリピンのLGBT事情を細かく紹介していきます!

この記事を読んで欲しい方
  • フィリピンのLGBT事情を知りたい方
  • フィリピンのLGBTの出会い方を知りたい方

フィリピンのLGBT

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

「LGBT」とは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーとまとめて呼ぶ総称で、フィリピンはLGBTに優しい国の一つと言われています。

フィリピンのLGBTは、ジェンダーに関する教育があり年々、一般に容認されており、政治活動やLGBTコミュニティの可視化も進んでいます。

フィリピンの成人の73%が、「同性愛は社会に受け入れられるべきである」と考えており、22%が「同性愛の結婚を支持」すると世論調査があります。

フィリピンのLGBT
  • 同性間の性交渉:「合法」だが不道徳行為として罰せられる可能性あり
  • 同性結婚:認められておらず
  • 同性カップルによる養子縁組引き受け:可能
  • 同性愛者の軍隊勤務:2009年よりLGは可能

LGBTが住みやすい国・フィリピン

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当!?】

2002年の調査では、15〜24歳のフィリピン人の11%が同性とセックスした経験があり、10人に1人は同性を恋愛対象と見ています。

LGBTが暮らしやすい国ランキングの上位は、ニュージーランド、アイスランド、カナダなどの欧米諸国多い傾向にありますが、アジアで最も高い順位は、22位の「フィリピン」です。

ちなみに他のアジア諸国は、日本が50位、台湾が39位、韓国が69位、中国が73位です。

フィリピンのLGBTは本当に幸せなの?

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

しかしながら、LGBTはフィリピンで、仕事探し、結婚の権利、ビジネスを始める上でも、偏見により不利になるケースがあります。

フィリピンのLGBTは、異性愛者に比べて自殺率と自殺願望する方が多い傾向にあり、フィリピンの約1,200万人のLGBTが差別を経験しています。

フィリピン・LGBTのセックス事情

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当!?】

フィリピンでは、成人の同性同士が合意に基づいた非商業的で、私的空間における性行為は犯罪とみなされません

但し公共の場においての性的行為は、不道徳行為として刑法200条にて禁止されてます。

18歳未満の場合、金銭などの利益を伴う場合や、斡旋などに基づくものは同意として認められていません。

フィリピンのゲイの言語

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

フィリピンのLGBTコミュニティには、専用の用語が存在します。

ゲイの専門用語は「Swardspeak(スワードピーク)」と呼ばれ、タガログ語と英語、隠語、カントスラングを織り交ぜた言語です。

LGBTコミュニティ内で使用される言語で、お互いがLGBTであると認識しやすくしています

スワードピーク以外にも、LGBTコミュニティで使用される専用言語が存在するようです。

フィリピンの同性婚

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

フィリピンでは、同性結婚は法的に認められていません

その背景には宗教的な要因が強く、キリスト教徒がフィリピンの大多数を占めており、カトリックの教えでは、同性愛などが禁止されています。

フィリピンの立法府では、「フィリピンの同性結婚を支持する法律」が何度か提案されていますが、法案は可決されていません。

フィリピンのLGBTを守る法案

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

2017年9月20日に、フィリピンでのLGBTの権利(LGBT Rights Bill)を承認しました。

この法案は、LGBTの人々に対する差別行為を禁止し、罰則を科しています。

違反した場合、10〜50万ポンドの罰金、1〜6年間の懲役を科せられます。

具体的な例としてLGBTに対して、公共サービスへのアクセスを拒否、入学を拒否、、教育機関やトレーニング機関からの追放、医療サービスへの拒否などが含まれています。

フィリピンのLGBTのイベント

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

1994年6月26日にケソンメモリアルサークルでアジア初、そしてフィリピンで初めてのLGBTコミュニティによるパレード「プライドマーチ」が行われてから、毎年、LGBTのイベントは開催されています。

パレードは首都のマニラで行われ、2018年度は約20,000人の方が参加した大型イベントでした。

主催者は、ソーシャルメディアを使用してフィリピンのLGBTコミュニティが行っている擁護活動やイベントを宣伝しています。

フィリピンのLGBT権利擁護団体は著名なもので5つ程あり以下で紹介します。

フィリピンのLGBT権利擁護団体
  • UP Babaylan

最も古く規模の大きい

  • Progay-Philippines

アジアで最初のゲイマーチ開催した

  • LAGABLAB

1999年設立

  • STRAP

トランスセクシャルやトランスジェンダーをサポート

  • TEAM PILIPINAS

人権擁護イベント開催

フィリピン・LGBT歴史

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

フィリピンのLGBT文化が栄えたのは、1970年代のフェルディナンド・マルコス独裁政権の時代でした。

同性愛についての大衆的な言説や、同性愛者をテーマにした映画が公開され、マラテ地区のゲイバー「ココ・バナナ(Coco Banana)」がブームとなりました。

1990年代には、政治意識の高いLGBTにより運動が活発化し、LGBTコミュニティが開催したパレードなどが模様され、現在ではフィリピンはLGBTが住みやすい国の1つとなりました。

フィリピン・LGBTの出会い方

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

ソーシャルネットワークが普及する前のフィリピンは、主に映画館、公園、サウナなどに集い、LGBTのパートナーを探していました。

しかし、この方法ではリスクがあり、相手探しのために通りをうろつくだけで浮浪罪に問われたり、警察によって強制捜査される恐れがありました。

安全であるゲイバーに集うことも可能ですが、多くの方はゲイと特定されることを恐れ、あまり足を運ばない方も多いようです。

現代のフィリピンのLGBTの出会い方は、出会い系サイト・アプリのプラネット・ロメオ(Planet Romeo)、グリンダー(Grindr)などを使用します。

出会い系サイト・アプリを使用することで、リスクを追わず、ゲイと特定されずに好みの相手を探すことが可能になりました。

最も人気の出会い系サイト「プラネット・ロメオ」は674万人の利用者登録がおり、そのうち4〜5%のユーザーはフィリピン人と言われています。

ドゥテルテ大統領は元ゲイだった

フィリピン発祥の音楽【Budots/ブドゥツ】の謎に迫る!
出典

2019年5月30日のフィリピン大統領・ロドリゴ・ドゥテルテ氏が来日した際の発言では「自分はかつて同性愛者だったが治した」と述べたことが物議を醸しています。

ドゥテルテ氏は、「元妻のエリザベス・ジマーマンに出会う以前は同性愛者」と述べ、「元妻・ジマーマンとの関係を始めて、私は男になった」と発言しています。

ドゥテルテ氏は、2016年に大統領に当選する以前に「同性婚の導入」を唱えていましたが、まだ現実化になっていません。

セブセレクト
彼は、性別に関係なく、権利と自由と、平等を謳歌して同性婚に前向きな意思があるみたい!

フィリピンのLGBTめとめ

フィリピンのLGBT【フィリピンはゲイが暮らしやすい国って本当】

フィリピンのLGBTは、アジアの中で最も住みやすく、国民の理解度もあるため、今後はフィリピンが同性結婚が可能になることが期待できます。

日本のLGBTは、異性愛者と比べ自殺未遂率が3.5倍高い傾向にあります。日本で生きづらいLGBTの方は、一度、フィリピンを訪れると気持ちが楽になるかも知れません。

上記を参考に、素敵なパートナーをフィリピンで探してみて下さい♪

\たくさんの方に選ばれています!/

【フィリピンのパーティードラッグ事情】クラブと薬物の闇の関係

【フィリピンのパーティードラッグ事情】クラブと薬物の闇の関係



記事を気に入ったらシェアしてね!

ABOUT US

セブセレクトツアーズ編集部
「セブ島に旅したい!」と思うキッカケになるような情報をブログから発信ます。主にセブ島の面白いカルチャー、セブ島の魅力やお役立ち情報を紹介します。他のブログでは取り扱わないディープな情報もあるので要チェック♪セブ島ツアーなら「セブセレクトツアーズ」にお任せあれ!